2018/4/21

ベトナムで愛されるエッグコーヒー発祥のカフェ、日本初上陸!

ニューオープン

ベトナム・ハノイで人気の"エッグコーヒー"を生んだカフェ「CAFE GIANG(カフェ ジャン)」の日本第1号店が2018年4月23日、横浜にオープンします。

ベトナムから直輸入した焙煎豆を使用

エッグコーヒーは、ベトナムコーヒーに卵(卵黄)を混ぜたコーヒーのこと。卵とコンデンスミルクを合わせ、カスタードクリーム状に泡立てたものをコーヒーの上にのせています。クリームは濃厚でなめらかなため、まるでカスタードクリームやティラミスを飲んでいるような感覚なのだとか。

牛乳が手に入りにくかった1946年当時、現在のオーナーの父であるグエン・ザン氏が牛乳のかわりに泡立てた鶏卵の黄身部分を使ったことが誕生のきっかけ。同店では70年以上たった今でも変わらない作り方でエッグコーヒーを提供し続けており、地元の人に愛されています。

日本第1号店で提供されるエッグコーヒーには、ベトナムから直輸入した焙煎豆が使用されます。厳選した完全無農薬栽培の豆を絶妙なバランスでブレンドした完全オリジナル。コーヒー本来の旨みとエッグとの相性にこだわったブレンドが味わえます。

営業時間は10時から23時まで。場所は、神奈川県横浜市中区山下町78-3。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

ランキング Gourmet RANKING

Instagram