2014/5/16

もう飲みにくいなんて言わせない!魅力いっぱい「硬水」をおいしく摂る3つの方法

硬水

硬水は女性の味方。魅力いっぱいの水です

お通じがよくなる、美肌にいいなど、モデルを中心にブームになった「硬水」。カラダにいいとわかっていても、独特の渋みや重さになじめず断念した人もいるかもしれません。しかし、飲みにくいからといってあきらめてしまうにはあまりにもったいない! それほど硬水にはいろんなパワーがつまっているのです。

お水だけでダイエット効果も!?

硬水とは、ミネラル分のカルシウムとマグネシウムが1リットル中300mg以上含まれたものをいいます(日本基準)。整腸作用のあるマグネシウムが多く含まれているため、お通じがよくなる、代謝がアップする、肌の調子がよくなるなど、さまざまな効果が期待でき、結果、体重が減る、体質改善されるという人も少なくありません。

今回、上手な硬水の摂り方とおいしい飲み方を教えてくれたアクアソムリエでミネラルウォーター専門スクール「AQUADEMIA」校長の山中亜希さんも、実際体質改善できたひとり。

「老廃物は気づかないうちにため込んでしまうので、これまでお水をあまり摂っていない人が意識して飲むと全然違いますよ」とのこと。そんなにいいなら毎日飲みたいですよね。より飲みやすくする3か条を教えてもらいました。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

上手な硬水の摂り方とおいしい飲み方を教えてくれたアクアソムリエでミネラルウォーター専門スクール「AQUADEMIA」校長の山中亜希さん

「ビストロ石川亭 恵比寿ガーデンプレイス店」で行われたイベントでは、硬水と軟水それぞれで料理した同じメニューの食べ比べも。1番違いを感じたのはお豆のサラダ。煮崩れせずしっかりとした歯ごたえが楽しめます。

「ビストロ石川亭 恵比寿ガーデンプレイス店」では2014年5月26日まで、硬水を使ったオリジナル限定メニューがランチ限定で食べられます。

アレンジドリンクは、手前から「レモン&ローズヒップのピンクレモネード」(コントレックス使用)、「トマトのガスパチョ」(ゲロルシュタイナー使用)、「パッションフルーツジンジャー」(ゲロルシュタイナー使用)

グラスは脚のついた体温が伝わりにくいものでどうぞ

[続き]超硬水がスペシャルドリンクに!魔法のレシピとは
1

ランキング Gourmet RANKING

Instagram