セール用・福袋用に服を作るってホント?

やっぱり大切なのは事前準備

ファッション好きの女性たちにとって「初売り」は年に一度の大イベント。今すぐ使えるアイテムをお得に手に入れる絶好のチャンスですが、そんなセール時期には「セールのために作られたアイテム」が混ざっているという噂を小耳に挟みました。

少し質を落として量産したアウトレットショップ用につくられた商品がある、ということは一般的に知られていますが、果たして「セール専用品」も存在するのでしょうか? 実際にアパレル関係者など詳しい人たちに話を聞いてみました。

福袋用のアイテムを作るのはよくあること

「数量的にボリューム感を出してセールを盛り上げています」

某カジュアルファッションブランドのショップで働いていたAさんは、それほど一般的ではないと断った上で「セール用を作るブランドがあることは確か」と話します。Aさんのブランドでは作っていなかったものの、アパレル関係者の間では広く知られていることらしく、「セール用以外にも、福袋用を作るところもある」そうです。

また某レディスブランドに務めているBさんのお店でもセール前にあえて"作る"のだそう。通常のアイテムだけでは数量的にお店が寂しくなってしまうため、セールを盛り上げるためにも事前に作りこんでボリューム感を出すのが目的。在庫の生地を使って、定番人気の商品と同じデザインのものを作ることが多いそうで、セール価格で安価なこともあり売上は好調だそうです。

先にも少し出てきましたが、福袋はどうなのでしょうか。有名ブランドも担当するパタンナーCさんに聞きました。

「福袋用にイチから作るのはよくあること。デザインですか? もちろん売れ筋のものを作りますよ。ただ、コストをあまりかけるわけにはいかないので、凝ったデザインはあまりないですね。縫製も必要最小限に、できるだけ簡略化しているところが多いと思います」

「セール専用品」かどうかを正確に見分けることはできませんが、セール前にお店を訪れてラインアップをチェックしておけば、少なくとも「今シーズンのもの」かどうかは判断できるはず。もちろん1番大事なのは、気に入ったアイテムをゲットすること。最終的には、自分の中で価格と相談してGOサインが出れば問題はないのです。

今月の特集

今月の特集

ランキング Sale

人気の写真・動画

TBMおすすめサイト

  • 世界のファッションが集まるマーケットモール | ファッション通販waja(ワジャ)