2018/6/26

キリンの魅力を五感で楽しむ! 横浜赤レンガ倉庫で「#カンパイ展」

無料イベント

キリンブランドの歴史や文化をテーマにした体験型エキシビション「#カンパイ展」が2018年6月25日、横浜赤レンガ倉庫1号館 3階にてスタートしました。7月25日までの1か月間限定で開催されます。

見て、触って、飲んで楽しむ!

2018年はキリンブランドを代表する「キリンラガービール」の130周年、「キリンレモン」の90周年にあたる節目の年。そんなアニバーサリーイヤーに合わせ、キリングループ発祥の地(キリンビール社の前身、ジャパン・ブルワリー・カンパニーが設立された地)である横浜で行われることになったのが、今回の「#カンパイ展」です。

会場は6つのエリアで構成されており、来場者は入口でもらえる「カンパイ帳」を持ってスタンプラリーのように各エリアを巡ります。

巨大なピンクボトルがインパクト抜群な「KANPAI meets YOU」エリア、にタッチすると絵が動いたり音が出たりする「さわれる歴史」エリア、キリンレモンをイメージしたプールが鎮座する「キリンレモン90周年」など、会場内はフォトジェニックでユニークな仕掛けがいっぱい! 五感を使って楽しみながらキリンの歴史や文化を知ることができます。

最後の「カンパイホール」では、キリンのクラフトビール「スプリングバレーブルワリー」をはじめ、一番搾り生ビール、キリンレモンなどキリングループのドリンクを味わうことができます(有料)。

その際に是非チェックしたいのが、ホール内に設置された「インタラクティブ・テーブル」です。というのもこれ、手持ちの「カンパイ帳」をテーブルに置くと麒麟の聖獣が動き出し、グラスを置くと飲み物同士が光でつながるという、なんとも凝った演出が! 新しい"カンパイ"体験を楽しむことができちゃうんです。

25日のオープニングイベントには坪井純子執行役員兼ブランド戦略部長が登壇し、

「キリンはこれまで歩んできた歴史の中で"最高のカンパイが生まれるように"ということを目指してきました。横浜のビール文化やカンパイについて、キリンの始まりをここで感じていただきたいです」

などと話していました。

ビールを飲む人も飲まない人も、新しい"カンパイ"と今まで知らなかったキリンの魅力を体感しにいってみては?

営業時間は平日が10時30分から19時(最終入場18時)、土日祝日が10時半から21時(最終入場20時)まで。入場は無料。

その他詳細は特設サイトへ。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

合わせて読みたい!

ランキング Event RANKING

Instagram