2016/7/11

病気から美容まで 「ビタミンC」をもっと効率よく摂る方法

ガン ビタミンC 美白
7b4956c58a.jpg

レモンやオレンジなどに豊富に含まれるビタミンC。美白作用や抗酸化作用などがあり、美肌と健康をキープするために欠かせない成分です。

特に夏はメラニンの生成を抑制するためや疲労回復のために、積極的に取り入れている人が多いかもしれませんね。しかし、その一方でビタミンCの性質を理解せずに取り入れて、確かな効果を得ることができていない人も......。

もしかしたら、あなたも損をしているかもしれませんよ! そこで今回は、老けない肌と身体を育むためのビタミンCとの付き合い方についてご紹介したいと思います。

スキンケアで効果的に取り入れるには?

ビタミンCを肌に浸透しやすい形に変えたものが、「ビタミンC誘導体」。これをスキンケアに取り入れると、美白作用、肌荒れ防止作用、コラーゲンの生成を促進する作用などが期待できます。つまり、シミやシワ、たるみ、ニキビに効果がある、とても魅力的な成分なのです。

ビタミンC誘導体には、水溶性と油溶性、大きく2種類に分けることができます。

水溶性ビタミンC誘導体は、「リン酸アスコルビン酸ナトリウム」や「リン酸アスコルビルMgマグネシウム」、「アスコルビル酸エチル」などと表示されています。サラッとしたテクスチャーのため、脂性肌の人やニキビが気になる人におすすめです。

一方、油溶性ビタミンC誘導体は、「テトライソパルミチン酸アスコビル(VCIP)」や「パルミチン酸アスコルビル」、「ジパルミチン酸アスコルビル」などと表示されています。水溶性のものと比べて重めのテクスチャーで、べとつきが気になるかもしれません。しかし、保湿力があり、浸透力が高いという特徴があります。また、その浸透力は水溶性のものより圧倒的に高く、効果が長時間持続します。乾燥肌の人や気になるエイジングサインがある人に特におすすめです。

このビタミンC誘導体を化粧水や美容液などで取り入れると、エイジレスな美肌を育むのに効果があります。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

[続き]ビタミンCを体内に取り入れるメリット
1

ランキング RANKING

Instagram