ミュージアム巡りの必須アイテム 「ぐるっとパス」は春に買うべき!

お花見 ぐるっとパス 動物園 美術館

春に買うのがおすすめな理由は...

東京では、2017年4月2日に桜(ソメイヨシノ)が満開になったと発表されました。今週末はお花見を予定しているという人もたくさんいると思いますが、毎年同じようでは、ちょっと物足りないですよね。

そこで今年は、「ぐるっとパス」を活用して、お花見のついでに美術館や動物園も巡ってみるのはいかがでしょうか?

「ぐるっとパス」って何?

「ぐるっとパス」は、東京周辺の美術館や博物館、動物園など全80施設の入場券・割引券が綴られた2000円のチケットブック。対象施設のチケット販売窓口で販売されています。東京に住んでいても意外に知らない人が多い「ぐるっとパス」ですが、実は知らないと損するお得パスなんです。

というのも、無料利用できる施設は、「恩賜上野動物園」(東京都台東区)、「井の頭自然文化園」(東京都武蔵野市)、「東京国立近代美術館」(東京都千代田区)、「東京都江戸東京博物館」(東京都墨田区)、「地下鉄博物館」(東京都江戸川区)、「葛西臨海水族園」(東京都江戸川区)など全部で48つもあるほか、「森美術館・東京シティビュー」(東京都港区)、「国立西洋美術館」(東京都台東区)、「国立科学博物館」(東京都台東区)などは入場価格が割引になります。

有効期限は2か月間なので、80施設全てを制覇するのはかなり高ハードルではありますが、たとえば、大人1人の料金は「恩賜上野公園」が600円、「井の頭自然文化園」が400円、「東京国立近代美術館」が430円、「葛西臨海水族園」が700円かかるので、この4施設を回るだけでも元がとれます。

販売期間は例年、4月初日から1月末までですが、今の時期に購入すれば、春の陽気が心地いいお花見シーズンからGWまでたっぷり使えるのでおすすめです。

今回は、東京バーゲンマニア編集部がお花見シーズンにおすすめのコースを考えてみました。今週末、お出かけ予定の人は参考にどうぞ。

[続き]上野、吉祥寺、目黒川でお花見するなら...
1
お花見 ぐるっとパス 動物園 美術館

今月の特集

今月の特集

ランキング Life

人気の写真・動画