2021/5/26

山形県の伝統と新たな魅力を知る

2021年5月26日から6月1日まで、横浜高島屋(横浜市西区南幸)8階催会場にて、「第20回記念 紅花の山形路 物産と観光展」が開催されます。

老舗や人気店の夢コラボや人気店も登場

20回目の節目となる今回は、山形県の老舗や人気店がタッグを組み、新たな味に挑戦。山形県内で培われた伝統と新たな魅力を発信しています。

たとえば「ボー・ション ド ブレ」と「つけもの処 本長」のコラボレーションによる「香味フォカッチャ」(378円)。チーズ&フォカッチャに、青菜漬や温海かぶ甘酢漬、民田なすからし漬などをトッピング。甘みと塩気のバランスがクセになる一品です。

「老舗 長榮堂」は「やまがた果実と白いかすてらのサンド」(1134円)を販売します。山形県産「つや姫」の米粉を使ったもちもちのスポンジ生地、だだちゃ豆を使ったずんだ、山形県オリジナルで品薄の続く苺「おとめ心」などを使ったフルーツの組み合わせが絶品です。

営業時間は10時から19時(最終日は17時閉場)までです。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

人気キーワードHOT

特集SPECIAL

特集

Instagram