2014/8/11

「とりあえずビール」はまだまだド定番 男性6割、女性4割が「とりビー派」

女子会白書

飲むならやっぱり「とりあえずビール」で乾杯!

昨今よく聞く、若者のビール離れやアルコール離れ。「とりあえずビール」は、今も通用するのでしょうか。ランキングとクチコミのグルメサイト食べログが実施した「外食時の飲み物に関するアンケート」から、ビールに関する実態が分かりました。

20代のアルコール離れはほかの世代に比べて進んでいる

同調査によると、40代の57.1%を筆頭に、20代の48.2%まで全体の半数近くが「お酒好き」と回答。飲酒量の最多は、男性が「ビール 中ジョッキ3杯程度」25.1%、女性が「ビール 中ジョッキ2杯程度」22.5%でした。

しかし、20代ではお酒の量がもっとも少ない選択肢の「ビール コップ1杯程度」が19.4%と、全体結果9.4%を10ポイント上回る結果に。2割近くの人が、外食の際にごく少量しかお酒を飲まない"ライトドリンカー"のようです。やはり、20代のアルコール離れはほかの世代に比べて進んでいると言えます。

また、1杯目にビールを「必ず飲む・ほぼ毎回飲む」と回答した男性は6割強、女性でも約4割でした。ビール離れが懸念される20代では、「必ず飲む・ほぼ毎回飲む」が35.1%、「ほとんど飲むことはない」が31.7%と、ともに3割を超える結果に。20代は"とりビー派"と"非とりビー派"が拮抗していますが、まだまだ全体的に"とりあえずビール"は健在です。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

[続き]ビールしか飲まないという本物のビール党も多数
1

Instagram