これなら非甘党でも大丈夫! スタバ新作「ラズベリー ホワイト モカ」 のカスタム術

スターバックスコーヒー プチプラおやつ 編集部レビュー 非甘党だけど…

スターバックスコーヒー各店では2017年11月1日から21日までの期間限定で「ラズベリー ホワイト モカ」が販売されています。こちらはホリデーシーズンのメニューとあり、発売直後からSNS上では「甘くてホッとする」などと大人気になっています。

しかし「おいしそうだけど、甘すぎないかな...?」と手を出せずにいる非甘党もいるのでは? というのもSNSでは「ちょっと甘すぎた」「甘すぎて全部飲めなかった」という声も少なくないのです。 そこで今回は非甘党でも楽しめるよう、店員さんに甘さ控えめのカスタマイズ法を聞いてみました!

ショートサイズでアレンジ!

「ラズベリー ホワイト モカ」は、甘酸っぱいラズベリーをホワイトチョコレートのコクと優しい甘みで心躍る味わいに仕上げたエスプレッソドリンク。甘酸っぱさのバランスを絶妙に整えたラズベリーソースを使用しているほか、トッピングには口どけの良いクーベルチュールホワイトチョコレートとさっくりとしたラズベリー風味のメレンゲがのっています。ショートサイズは440円、トールサイズは480円、グランデサイズは520円(いずれも税別)。

記者が店員さんに「甘いのが少し苦手なので、甘さ控えめにするおすすめのカスタマイズ法ってありますか?」と質問したところ、

ホワイトモカシロップ減量、ショット追加(プラス50円)がおすすめですよ」

と丁寧に教えてくれました。そこで実際にそのカスタマイズ法でショートサイズをオーダーしてみることに。

できあがったドリンクを飲んでみると...エスプレッソショットを追加した分、コーヒーの苦みが加わり、元の美味しさをいかしながらも甘さは控えめに。さらに「ホワイトモカシロップ」も減量しているので、ガツンとした甘さではなく、ほどよい具合でした。ラズベリーのソースやメレンゲによって酸味やザクザクとした食感が楽しめ、非甘党の記者でも美味しく最後まで飲みきることができました。

甘すぎるものが苦手という人は、このカスタマイズ法がおすすめかも。気になる人は挑戦してみて!

合わせてチェック:
スタバの無料カスタマイズ、冬は黙って「ブラベミルクに変更」が正解!
【スタバ新作】エスプレッソ投入するチョコケーキに「感激」「美味しすぎて発狂しそう」

ランキング Gourmet