早朝から戦いは始まる! 本場アメリカの「ブラックフライデー」レポート

スタバのギフトカードはホリデーギフトの定番

日本でもユニクロやイオンなど人気店舗がブラックフライデーを始めたというニュースを読みましたが、ワクワクするこのイベント、日本でも浸透して経済の活性化に役立てばいいですね。米国で毎年恒例のこのショッピングイベントにことしももちろん参戦(笑)してきましたよ。

店員だってサンクスギビングは休みたい

ブラックフライデーとは、アメリカで「1年で最も物が売れる」とされるセールイベントの日。感謝祭(サンクスギビングデー)の翌日、11月の第4金曜日がその日にあたります。多くの小売店などが年に1度の大々的なセールを行うので、前日深夜から行列ができオープンと同時に駆け込むなど、毎年大盛り上がりになります。

最近では金曜日の前の日、つまりサンクスギビングの当日にセールを始めるお店が増えてきました。「それだと店員がサンクスギビングデーに家族とゆっくりできない」ということで、今年は「サンクスギビングデー当日にお店は営業しない!」と宣言する店もあり、それもニュースになっていました。こちらではサンクスギビングデーは家族と過ごす大事なお休みでもあるのです。

このブラックフライデー、お店に入る前から戦いは始まっています。駐車場がなかなか見つからない。店内ではショッピングカートも出払っている(買ったものを入れるものがない)、レジではもちろん大行列。家族や友だちでいかに分担して効率よく買い物をするかも大事なポイントになっています。

例年であれば、サンクスギビング当日のパーティー終了後の深夜から出かけていくのですが、ことしは、寒さは厳しいし、並んでまで買いたいものもない、それに店も全店舗空いているわけではない、ということで朝7時に近くのショッピングモールに出かけていきました。

11歳と7歳の娘たちも「行きたい!」というので仕方なくつれていくことに。まあ確かに子どもたちにも魅力的なものが多いのです。例えば、「ディズニーストアでは午前10時まで全品20%オフ」。なかなかセールにならないレゴストアも大人気で、午前8時の開店前から店の前は行列ができていました。

[続き]BFでもオンラインは人気!
1

今月の特集

今月の特集

ランキング

人気の写真・動画

TBMおすすめサイト

  • 世界のファッションが集まるマーケットモール | ファッション通販waja(ワジャ)