2019/12/31

「無印良品」2019年ヒットグルメ 売れて話題になった4つ、食べたことある?

SNSで話題 やっぱり無印が好き 中の人に聞いた

お菓子・レトルト食品・冷凍食品などさまざまな食品を取り扱っている「無印良品」。2019年にはどんな商品がヒットしたのでしょうか。

東京バーゲンマニア編集部は、無印良品を運営する良品計画を取材。今年人気の高かった4商品を教えてもらいました。

「辛くない」が女性好評

まず、2019年の無印良品の食品を語るうえでかかせないのが、「カレー」です。今年は大人気商品の「レトルト バターチキンカレー」が発売10周年という節目の年であり、10年前のバターチキンカレーが期間・数量限定で発売されました。

また、「素材を生かした 辛くない」シリーズ、「糖質10g以下のカレー」シリーズを展開。プレス担当も「これまで食べてもらえなかった方にも手をとっていただくきっかけになりました」と振り返っています。

1:素材を生かした 辛くないカレー

(画像提供:良品計画)

2019年のヒット商品のひとつとなった「素材を生かした 辛くないカレー」。じつは、こんな開発秘話があります。

「もともとは子ども用のカレーを企画していましたが、社内のお母さんたちにヒアリングしていたところ、実は大人でも『辛いものが苦手』だという人がけっこう多く、特にグリーンカレーは『味が好きだけど辛くて食べられない』という声を聞いたのがきっかけです」

(画像提供:良品計画)

さまざまな種類がありますが、中でも「素材を生かした 辛くないグリーンカレー」(350円)の人気が高いそうです。

無印良品ではこうした辛くないカレーはもちろん、さまざまな辛さ(0辛~5辛)のカレーを用意しているので、店舗や公式サイトでチェックしてみてください。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

[続き]糖質オフお菓子も話題に
1
合わせて読みたい!

特集SPECIAL

特集

Instagram