2019/12/18

「無印良品」広報に聞いた! 2019年ヒットした便利なキッチングッズ3つ

やっぱり無印が好き 中の人に聞いた

わたしたちの生活に寄り添った商品を次々に生み出している「無印良品」。2019年にはどんなヒット商品が生まれたのでしょうか。

無印良品を運営する良品計画の広報担当者に、今年人気の高かった「キッチン用品」を3商品教えてもらいました。

「炒める」「盛り付ける」の2役

●シリコーン調理スプーン

(画像提供:良品計画)

耐熱温度の高いシリコーン素材を使った、調理や取り分け時に役立つシリコーン製のスプーンです。

発売は2009年ですが、根強い人気を誇ります。キッチンに馴染むシンプルな形状や色味に加え、これ1つで「炒める」「盛り付ける」ことができる機能性の高さ。2019年もSNSやメディアなどで広く紹介されました。

(画像提供:良品計画)

「調理用にも卓上でも使えるように、食材の色移りが目立ちにくい黒にしました。卓上での使用が多く、食器と色合いを合わせるために発売当初は白にしていた同じシリーズの『ジャムスプーン』も後々黒に変更しています。シリコーン自体が重く、強度を保つために中芯にステンレスも入っているため、出来る限り軽くなるよう改良を重ねました」(商品担当者コメント、以下同)

長さは約26cm、価格は590円。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

[続き]お客さんの声から生まれた「分解できる」はさみ
1
合わせて読みたい!

特集SPECIAL

特集

Instagram