西洋占星術師・早矢の占いRoom
占星術研究家で占い師の早矢(はや)先生の連載。恋愛、人間関係、仕事…誰もが抱える悩みについて、占いをもとに解決のヒントを教えてくれます。
2019/5/15

やぎ座と「相性の悪い星座」ワースト3はこれ。 どうしたら仲良くなれる?

やぎ座 占い 運勢

「あの子のこと嫌いじゃないけど、イマイチそりが合わない...」「先輩社員がどうしても苦手...」――。仕事でもプライベートでも、人間関係の悩みは尽きませんよね。

実は占星術で見てみると、それぞれの星座には、あまり相性のよくない星座が存在するんです。そんな相性の悪い星座を知った上で、互いの違いを理解し、認め合うことができれば、よりいい人間関係が築けるはず。

今回は「やぎ座」と相性の悪い星座、その対処法をご紹介。「相性が悪いから」と心を閉ざすのではなく、違いを理解した上で人間関係が円滑になるよう、心がけていただければと思います。

その1:おひつじ座

個よりも公を重んじるやぎ座と、個を優先するおひつじ座は、根本的に考え方が違うため、かみ合うことはありません。

どちらも活動宮で、目標に向かってまっしぐらに突き進むエネルギーを持った星座同士。自分からパワーを放つ反面、受け入れるのは苦手です。つまり磁石のプラスとプラスのように、一緒にいるとどうしても反発しあいます。

とくに上司と部下のように、立場関係がある場合はさらに厳しいです。お互いに思い通りに動かないのでストレス過多となるでしょう。「混ぜるな危険!」。そんな星座同士と言えるでしょう。

仲良くなるためには?

やぎ座もおひつじ座も、自分の考えを押し通して相手の意見を受け入れないタイプですが、やぎ座の方がまだ視野は広く、懐の広い部分があります。

おひつじ座は良くも悪くも一直線で単純です。無理に管理しようとせず、自由にやらせてあげることがポイント。友達同士なら、常識や枠にはめようとせず、おひつじ座の意見や直感を認めることも大切です。

おひつじ座の気持ちを盛り上げつつ、裏でコントロールするようにしてみましょう。周りをまとめ上げるリーダー気質をもつやぎ座なら可能なはずです。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

[続き]その2:かに座
1

Instagram