西洋占星術師・早矢の占いRoom
占星術研究家で占い師の早矢(はや)先生の連載。恋愛、人間関係、仕事…誰もが抱える悩みについて、占いをもとに解決のヒントを教えてくれます。
2019/4/13

いて座と「相性の悪い星座」ワースト3はこれ。 どうしたら仲良くなれる?

占い

「あの子のこと嫌いじゃないけど、イマイチそりが合わない...」「先輩社員がどうしても苦手...」――。仕事でもプライベートでも、人間関係の悩みは尽きませんよね。

実は占星術で見てみると、それぞれの星座には、あまり相性のよくない星座が存在するんです。そんな相性の悪い星座を知った上で、互いの違いを理解し、認め合うことができれば、よりいい人間関係が築けるはず。

今回は「いて座」と相性の悪い星座、その対処法をご紹介。「相性が悪いから」と心を閉ざすのではなく、違いを理解した上で人間関係が円滑になるよう、心がけていただければと思います。

その1:おとめ座

おおざっぱで楽天的な性質を持ついて座と、神経質で細かいおとめ座の相性は最悪と言えます。

いて座は「だいたいこんな感じ」と抽象的なものの見方をする傾向があり、結果がおおむね合っていれば、そこまでの過程が多少違っていてもこだわりません。

たとえば、いて座の場合、答えが合っていれば流れが多少紆余曲折していても「OK」を出しますが、おとめ座の場合は、答えを導くまでの流れもきっちり整えたうえで「OK」だと考えます。そういったこだわりの違いが、ぶつかり合う原因となります。

仲良くなるためには?

いて座もおとめ座も、知的好奇心が強くて旺盛です。また、どちらも柔軟宮に位置する星座なので、相手に合わせようとする調整力抜群です。

このように共通点は多く、基本的にはわかりあえる星座同士ですので、自分の考えを主張する前に「相手にサポートしてもらう」という気持ちを持つと良いでしょう。

特におとめ座の主張は正論であることが多いので、いて座は面倒くさがらずに謙虚な気持ちで受け止めましょう。頼れば頼るほど、おとめ座はあなたの味方になってくれるはずです。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

[続き]その2:うお座
1

Instagram