2019/5/ 9

日本一の面積を誇るすずらん群生地で可憐な花を愛でよう。

2019年5月25日から6月2日まで、芽生すずらん群生地(沙流郡平取町字芽生)にて「すずらん鑑賞会」が開催されます。

バーベキューコーナー設置、根付すずらんプレゼントも

北海道の初夏を代表する花、すずらん。平取町幌尻岳のふもとの芽生(めむ)の野生すずらん群生地は約15haと日本一の広さを誇っています。多くの人が足を踏み入れることによって絶滅の危機に瀕したすずらんを保護管理し、10年の歳月をかけ自然の状態に回復させた群生地は現在、一般公開されています。

白樺の木立に囲まれた観賞用道路から眺める白く可憐な花は格別です。すずらん群生地を自由散策し、すずらん観賞が楽しめるほか、びらとり和牛のバーベキューコーナーが設置され、和牛、黒豚、おにぎり、野菜等が販売、その場で焼いて食べることができます。また5月25日と26日は、先着120人に根付すずらんがプレゼントされます。

入場無料。鑑賞時間は6時から18時、BBQコーナー等の営業時間は10時から15時までです。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

Instagram