2018/9/ 5

20世紀最大の巨匠の独創的な世界を垣間見る 「ピカソ 版画をめぐる冒険」開催

ジェイアール京都伊勢丹(京都市下京区)7階隣接 美術館「えき」KYOTOにて、2018年9月7日から10月8日まで、20世紀最大の巨匠パブロ・ピカソの独創的な世界が垣間見られる「フランス国立図書館版画コレクション ピカソ 版画をめぐる冒険」が開催されます。

ギャラリートークもあり

フランス国立図書館所蔵のコレクションから、ピカソのさまざまな版画作品と、彼が影響を受けた巨匠たちの作品を合わせた約100点が展示されます。

時代によって自由自在に変化していく表現がひとつの魅力になっているピカソ芸術。70年以上におよぶ創作活動において、銅版画、リトグラフ、リノリウム、木版画など、技法や素材もさまざまな版画作品を2000点近く制作しています。

同展第1章は「版画家ピカソの主題」と題して、肖像画や静物画、神話などをモチーフにしたピカソ作品が並びます。第2章は「過去の巨匠たちへの賛辞」と題して、レンブラントやゴヤ、マネなど、ピカソが影響を受けた巨匠の作品が並び、その関係性も楽しめます。

また、同展監修の村上哲氏を講師としたギャラリートークも開催されます。

開催時間は10時から20時、入館は19時30分まで。入館料は1000円です。ギャラリートークに関する詳細は公式サイトを確認してください。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

ランキング Event RANKING

Instagram