2019/10/ 7

テーマは「愛」 東京国立博物館のアジア企画展

2019年9月10日から10月14日まで、東京国立博物館 東洋館(台東区上野公園13-9)にて「博物館でLOVEラブ アジア」が開催中です。

アジアの人々は愛をどうとらえてきたか

今年の博物館でアジアの旅は、「愛」がテーマ。雌雄の水鳥は相愛を、雛鳥と蓮は子孫繁栄を意味する清時代の「白玉水禽形合子」や、新婚の高貴な女性の部屋を飾ったものと言われる、つがいの鳥と吉祥の植物を刺繡で表した朝鮮時代の「花鳥図屛風」など、愛を題材とした多彩な作品が展示されます。

こうした作品の数々から、アジア各地の人々がいにしえより愛をどのようにとらえ、表現してきたのかを探ります。 彫刻ガイドや考古ガイドなど、ボランティアによるガイドツアーも実施されます。

入場料金は620円。開催時間は9時30分から17時(金・土曜は21時)までです。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

Instagram