2018/5/14

野菜ジュース、実はめちゃくちゃ優秀な「調味料」だった。

お金をかけないライフハック

料理好きの間ではおなじみの「野菜ジュース」を使った裏ワザレシピ。

野菜ジュースはカレーやパスタ、ラタトゥイユなどさまざまな料理に活用することができ、美味しいだけでなく時短にもなってお財布にも優しいという、なんともありがたいアイテムです。人気レシピ投稿サイト「クックパッド」にも多くの野菜ジュースを使ったレシピが投稿されています。

そんな野菜ジュースを使った料理について、先月、なんとも興味深い調査結果が発表されました。野菜ジュースを使った料理は「生野菜料理」にも勝る――というのです。

生野菜、トマト缶、野菜ジュースで比較

調査を行ったのは、味覚や香りを科学的な指標で評価している「味香り戦略研究所」(東京都中央区)です。同研究所は「生野菜」「トマト缶」「野菜ジュース」(40種以上の野菜を使ったもの/約30種の野菜を使ったもの)を用意し、それぞれを使った「ミネストローネ」を作り、味覚センサーで分析。どの程度、味に違いが出るかを検証しました。

まず、それぞれの「味のバランス(酸味、苦み、苦みの後味)」をみてみると、中でも調和が取れていたのが「トマト缶」「野菜ジュース(40種以上)」の2つで、「野菜ジュース(約30種)」は酸味が際立ち、「生野菜」は苦みが強く出てしまっていました。

トマト缶や多品種の野菜ジュースを用いると、誰でも簡単に味のバランスを整えられると言えそうです。「野菜を摂るなら生が一番!」と思いがちですが、この結果を見る限り、意外と味のバランスを取ることが難しいことがうかがえます。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

[続き]野菜ジュースは甘味も強い
1

ランキング Gourmet RANKING

Instagram