こんな叔母さん本当にいたんだ! 百合ちゃんこと「逃げ恥」石田ゆり子は超リアルだった

女子会白書 新垣結衣 石田ゆり子 逃げ恥

百合ちゃん人気爆発中!(写真は公式サイトより)

視聴率、話題ともにNo.1のドラマ「逃げるが恥だが役に立つ」(TBS系)。新垣結衣さん演じるみくりと星野源さん演じる平匡さんとの恋模様や、エンディングの"恋ダンス"に注目が集まっていますが、主人公の叔母を演じる石田ゆり子さんのありえない美しさも見逃せません。

劇中ではみくりから「百合ちゃん」と呼ばれ、ときには相談に乗り、ときには愚痴をこぼす親友のような関係です。

石田さんと新垣さんの組み合わせがあまりにもキュートすぎて、夢のような関係に思えますが、現実の世界でも超仲良しの叔母と姪は増えています。ドラマ同様、名前にちゃん付けで呼ばれる叔母は半数以上という調査結果が報告されました。

もう「おばさん」なんて呼べない!

中高生の姪を持つ叔母1000人に「姪になんと呼ばれていますか?」と質問したところ、56%が名前にちゃん付けで呼ばれていると回答しました。「おばさん」と呼ばれているのはたった11.2%でした。ほかには「あだ名」が10.2%、「名前(呼び捨て)」が6.5%など、叔母と姪の親密さが伺える結果です。

この「おばさん」という呼び方、親族関係以外に、お姉さんとおばあさんの間も意味しますよね。いつまでも若々しく見られたい女性に対して「おばさん」呼ばわりは失礼!という暗黙の了解が働いているのでしょう。ドラマのように、叔母が未婚であればなおさらです。

近ごろでは、同級生のお母さんのことも「おばさん」と呼ぶのを避けて、「みくりちゃんのママ」のように呼ぶ傾向があります。近い将来、「おばさん」は地球上から消えゆく存在なのかもしれません。

[続き]みくり×百合ちゃんのような、よき相談相手が多数
1
女子会白書 新垣結衣 石田ゆり子 逃げ恥

今月の特集

今月の特集

人気の写真・動画

TBMおすすめサイト