2020/1/10

サブウェイから初の「焼きサンド」登場! とろ~っとあふれ出すチーズ...クセになりそう。

サブウェイ

サンドイッチチェーン「サブウェイ」から、2020年1月10日、冬にぴったりの「焼きサンド」2種類がデビューしました。

焼きサンドの発売はサブウェイ初。新たな調理方法と共に開発された「モ~ッツァ・イタリアン」と「モ~ッツァ・てりチキ」の2種類です。

食べ応えも◎

サブウェイでは通常、野菜やソースはトーストしませんが、今回のサンドでは肉、チーズ、野菜、ソースと全ての具材をのせてからトーストしているのが特徴です。

またそれに伴い、「焼く」にこだわった野菜をセレクトしました。加熱したときに甘さが増して美味しくなる、ピーマンとオニオンが入っています。

モ~ッツァ・イタリアン」は、コクと旨みが凝縮された食べ応えのあるソーセージと、バジルソース&完熟トマトソースを組み合わせ、アクセントにオリーブを追加した一品。とろ~りとろけるチーズを加え、ピザを彷彿とさせる、イタリアンな味わいに仕上げています。

もう一方の「モ~ッツァ・てりチキ」は、こだわりの製法で焼き上げ、甘辛な特製タレと絡めたジューシーで柔らかなチキンをサンドした商品。たっぷりのチーズとマヨネーズソースを加え仕上げています。

サブウェイの広報担当も、「熱々なので寒い日にぴったりですよ」と話します。

ということで、編集部でもさっそく食べてみました。

まず"イタリアン"の方ですが、包み紙を開けたとたん目に飛び込んでくる、とろとろのチーズにまずノックアウト。さらに、ピザのような香りが食欲をそそります。一口食べてみると、通常のものより少し太めのソーセージは、パリッとした食感とジューシーな肉汁が楽しめ食べ応えも抜群。コクがあってとろけるチーズとのバランスも絶妙でした。

"てりチキ"の方は、しっとりと柔らかいチキンに甘辛タレがたっぷりと絡んでおり、噛むたびにジューシーな味わいが広がります。また甘辛タレ、とろけたチーズ、マヨネーズの組み合わせはやみつきになる美味しさでした。

いずれも通常よりも約10秒長めにトーストしているため、パンはカリッ、チーズがとろ~っとあふれ出すのも魅力です。

価格はそれぞれ420円。チーズ好きはお試しを!

詳細は公式サイトへ。※表示価格は全て税別 ※販売店は、レジャー施設内店舗など、一部店舗を除く

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

特集SPECIAL

特集

Instagram