2019/1/21

サブウェイ通も知らない!? 覚えておくと便利な「プラス300円メニュー」。

サブウェイ 編集部レビュー

サンドイッチチェーン「サブウェイ」には、サンドイッチメニューしか置いていないと思っていませんか?

実はこんなメニューもあるんです。

通常のサンドイッチと比較

そのメニューとは、「サラダ」のこと。

どういうこと? と思う人も多いかもしれませんが、実はサブウェイでは、レギュラーサイズのサンドイッチ価格に300円(税込)をプラスすると、パンを除いた中身だけ=サラダにしてくれるんです。ダイエットや糖質制限をしているという人には嬉しいメニューです。

「でもパン抜きなのにプラス300円って高くない?」と、ちょっとケチな考えをしてしまった東京バーゲンマニア編集部。そこで実際にどんなものなのか注文してみることにしました。

今回注文したのは、「BLT」のサラダ。量を比較するため、「BLT」のサンドイッチも一緒に注文してみました。

レタスの量は約7倍!

いざ見てみると、ものすごい量。分かりやすくするため、サンドイッチの中身を黒いお皿に移してみました。左がサンドイッチの中身、右がサラダです。こう見ると、プラス300円はかかったものの、損した感はありません。ちなみにレタスはサンドイッチの約7倍の量が入っているのだそう。また、トマト、ピーマン、オニオンは約2倍、ニンジンは無料でトッピング可能で、こちらも通常量の約2倍となっています。

黒いプラスチック容器のサイズは、縦横約20センチ、深さ(蓋は除く)約4.5センチ。もちろん底上げなどはされておらず、容器いっぱいにサラダが入っています。サンドイッチ同様、野菜のカスタムも可能です。

下まで野菜がぎっしり...!

1人で思う存分サラダを摂るもよし、シェアして食べるにも十分な量です。

公式サイトにも「サラダ」メニュー欄があるので、裏メニューというわけではないのですが、意外に知らない人も多い模様。よくサブウェイに行くという同僚に聞いてみると「知らなかった! にわかファンなのかも...」と驚いた様子を見せていました。

一部の期間限定・店舗限定のサンドイッチはサラダの対応ができない場合がありますが、頭の片隅に入れておくと、無性に野菜が食べたい時とか...役立つかもしれませんよ!

今回はバジルソースをかけて頂きました!

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

プレゼントPRESENT

Instagram