2019/9/25

夜の水族館でまるで海に包まれているような体験を。

京都水族館(京都市下京区観喜寺町35-1梅小路公園内)にて、10月13日と14日、11月2日から4日に、「夜のすいぞくかん」が開催されます。

年間パスポートがあれば解説ツアーにも参加できる

20時まで営業時間が延長され、夜限定の演出で幻想的な水族館が楽しめる同イベント。これまで夏休みやゴールデンウィークなどの特別期間に限定していましたが、開催日程が年内に拡大され、この秋も楽しむことができます。

17時以降、館内のさまざまなエリアが、夜限定の幻想的な照明や、癒しの気分にいざなわれる音楽で演出された空間に変身。「京の海」エリアの大水槽前では、ふわふわのラグに座ってまったりとくつろぎながら、まるで海に包まれているような感覚を体験することができます。約1万匹のマイワシが泳ぐ壮大なようすなど、日中とは違う、夜の魚の動きが観察できます。

「イルカスタジアム」では、暗い外のスタジアムに色鮮やかな照明で演出する夜限定のイルカパフォーマンスが楽しめます。そのほか、京都水族館の年間パスポートを持っている人には「夜のいきもの解説ツアー」も開催。普段は入ることのできない飼育バックヤードも見学でき、「いきもの」たちをより近くに感じることができます。

営業時間は10時から20時(通常は18時)まで。入場は閉館の1時間前までです。入場料は2050円、年間パスポートは4100円です。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

Instagram