2019/9/ 5

浴室の鏡くもり問題、これで解決。「超優秀」と噂のアイテム試してみた。

SNSで話題 ニトリのある暮らし

湯気で鏡がくもってよく見えない...。浴室の鏡のくもりに困ったことはありませんか?

東京バーゲンマニア記者もそのひとり。そこでSNSで「ほんとに曇らない」「超優秀で驚いた」と評判のアイテムを試してみることにしました。

入浴約10回分の持続効果

そのアイテムとは、家庭日用品メーカー「レック」の「塗りやすいくもり止めリキッド」です。乾いた鏡に塗ることで、浴室の鏡のくもりを防止できます。塗りやすいように、容器のヘッドが曲がっています。

ニトリ(税別740円)ほか、ヨドバシカメラ、Amazon、楽天市場などで購入できます。

記者も商品を購入し、本当に湯気で鏡がくもらないかを検証してみました。

まずはリキッドを塗る前に、鏡を浴室に持ち込みます。しばらくすると、湯気で鏡がくもりました。手でこすってもくもりはとれず、使い物になりません。

そして、今後はリキッド塗ってから試します。裏面パッケージどおりに使用しました。

(1)鏡面をよく洗い、充分に乾かします。

(2)キャップをはがし、フェルト麺を鏡に密着させます。

(3)ボトルの腹部を押し、フェルト面に液を染み渡らせます。

(4)塗り残しのないように、鏡の端から順に塗り、よく乾かします。

(5)鏡の表面を濡らします。

鏡の表面に水の層ができることにより、くもりを防ぐことができます。使用ごとにシャワーなどで表面を濡らすとよいそうです。

今回は3面のうち、一番大きい中央の鏡面にのみリキッドを塗りました。浴室に持っていき、シャワーの水で鏡面を濡らします。しばらくすると、左右の鏡面がくもり始めましたが、中央の鏡面はくもりませんでした。浴室のタイルが鮮明に映っています。

噂どおり、リキッドを使うことによって鏡がくもらなくなったので、記者としては大満足です。

容量は80ml。50cm×50cmの鏡に対して、約40回程度塗れます。乾いた鏡に塗った場合は、入浴約10回分の持続効果があるようです。

鏡のくもり問題に悩んでいる人は試してみて。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

Instagram