2019/1/10

日本初!一級素材のお鮨が楽しめる「鮨船」が誕生

元北新地の予約が取れない名店「鮨 さえ㐂」が、船内のカウンターでお鮨が楽しめる屋形船「楼船 さえ㐂」(大阪市福島区野田1丁目安治川右岸から乗船)を、2019年1月11日にオープンします。

大阪ベイエリアの景色をパノラマで楽しめる

2018年6月に惜しまれつつも閉店した北新地の名店「鮨 さえ㐂」がプロデュースする、カウンターでお鮨を食べるためだけに作られた「鮨船」がオープンです。

面一の白木カウンターを日本で初めて船内で使用。畳を敷いた船内は高級感のある上品な空間です。船首側を180度囲むように大きな窓が設置され、日常では見ることの少ない大阪ベイエリアの景色をパノラマで楽しめます。昼と夜でも違ったベイエリアの景色を楽しめるうえ、夏季には窓を少し開けることもできるため、船上での爽快感を味わいながらお鮨が味わえます。

お鮨には、独自の仕入れルートで全国から選び抜いた一級品の素材を使用。お鮨の握り手は、「鮨 さえ㐂」の大将を務めた佐伯裕史氏の下で指導を受けた鮨職人で、月に数日、佐伯氏自身が握りを担当する日も設けられています。メニューは佐伯氏がプロデュースしたお任せコース(2万1600円、「佐伯」の日は3万2400円)のみで、内容は月ごとに替わります。

営業時間は、ランチが12時、ディナーが17時30分開始。周遊時間は約2時間30分です。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

特集SPECIAL

特集

Instagram