2017/2/ 2

35歳から始まるってホンマでっか? 現代のRogan(老眼)事情

スマホ メガネ 女子会白書 老眼

あれ? 見えにくい??

「Rogan(ローガン)」と聞いて、何を思い浮かべますか? 響きが「ビーガン(菜食主義)」みたい。ヘルシーでオシャレな印象ですが、実は「老眼」のこと。雑誌「婦人画報」2017年2月号には、「Rogan(老眼)と生きる」という小特集が組まれていました。

ページをめくると「35歳を過ぎたら、どんな人にも訪れます」と書かれていて、ドキドキが止まらないアラフォー記者が、最近のRogan事情をまとめました。

美魔女ブーム終わり、素直に「老眼なの」と言える時代に

ひと昔前まで、他人には秘密にしておきたいお悩みだった老眼。ところが、クリエイティブサーベイが45~55歳の女性600人を対象に2015年に実施した調査によると、自分の老眼を公表することに「抵抗を感じない」と答えた人が全体の7割に上りました。さらに、公表する人に対して「好感が持てる」と回答した人は91.8%もいました。

加齢を必死に食い止める美魔女ブームが一段落し、女性が実年齢に素直に向き合える社会になってきたのかもしれません。

現に、2010年と2015年を比べると、「『実年齢より著しく若く見える』ことが支持される傾向にある(あった)」と感じる人が66.2%から52%と14.2ポイント減少し、「『実年齢に応じた自然体な姿』が支持される傾向にある(あった)」と考える人は33.8%から48%へ増加しました。

先の婦人画報には「35歳から」とあった通り、小玉眼科医院の小玉裕司理事長によれば、老眼を感じる時期は個人差があり、誰にでも起きる生理現象。むしろ何歳からとはっきり言えないそうです。

最近では、パソコンやスマホの画面を近くで長時間見る機会が多くなり、ドライアイや毛様体筋の緊張状態が続く「スマホ老眼」と呼ばれる症状に悩む人も増えていますよね。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

[続き]最新の老眼鏡は「老眼鏡」とは言えない
1

特集SPECIAL

特集

ランキング Life RANKING

Instagram