お金の貯まるカード活用術
“ポイントの達人”こと株式会社ポイ探の代表取締役・菊地崇仁さんが、ポイントカードやクレジットカードの賢い使い方をわかりやすくレクチャー。読んだら必ずお金が貯まる、目からウロコのカード活用術です。
2016/9/15

【第63回】空港ラウンジってどんなとこ? 無料で使えるカードは本当にお得か

お金の貯まるカード活用術 ゴールドカード 空港 空港ラウンジ

ひと口に空港ラウンジと言っても...

2016年9月1日に「楽天ゴールドカード」が誕生しました。年会費は2000円(税抜)で、楽天市場で楽天ゴールドカードを利用すると5%の楽天スーパーポイントが貯まります。さらに、国内主要空港とハワイ・ホノルル国際空港、韓国・仁川国際空港のラウンジが利用できます。

この空港ラウンジについて、楽天カードがアンケートを行った結果「空港のラウンジサービスを使いたい」と回答した人は37.4%となったようです。

そこで、今回は空港ラウンジってどんなところなのかを紹介したいと思います。

空港ラウンジは2種類ある

まず、空港ラウンジは大きく2つの種類があります。1つ目は航空会社が運営しているラウンジ。もう一つが、クレジットカードの提示で利用できるラウンジです。

楽天ゴールドカードの提示で利用できる空港ラウンジは後者のラウンジとなります。ゴールドカード以上のクレジットカードを提示することで利用することができ、クレジットカードによっては同伴者も1名まで無料など、カードによって条件は異なります。利用できるクレジットカードは、入室前に掲示されていますので確認してください。

ここでチェックを

では、実際に空港ラウンジの設備を紹介していきたいと思います。

最初に紹介するのが、羽田空港 第1旅客ターミナルのエアポートラウンジ(北)。広さも十分で、様々な座席タイプもあり、ソフトドリンクは無料で提供されています。コンセントや無線LANも無料で利用できるため、仕事のメールチェックなども可能です。ただし、アルコール・スナック類は有料となります。

中の雰囲気はこんな感じ

エアポートラウンジ(北)を利用するには、大人1人が1030円、4~12歳が520円、3歳以下は無料ですが、ゴールドカード以上を保有していると料金が発生しません。これだけの設備を無料で使えるのですからおトクですね。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

[続き]新千歳空港のラウンジはこんな感じ
1

特集SPECIAL

特集

ランキング RANKING

Instagram