2015/5/19

「マウンドに立ったら、投手。打席に立ったら、打者。」 大谷翔平選手の「ゆずれないもの」動画で公開

大谷翔平

大谷選手の野球にとって重要なのは「美しさ」

スポーツ&ライフスタイルブランドの「オークリージャパン」は2015年5月1日から、北海道日本ハムファイターズの大谷翔平選手をアイコンとしたブランドキャンペーン「-ONE OBSESSION- ゆずれないもの」をスタートしています。

同日から、大谷選手が「ゆずれないもの」を語る動画がYou Tubeで公開されています。

大谷選手の野球にとって重要なのは「美しさ」

「オークリー」は15年から、誰もが持つ自分のこだわりの場所、もの、時間を世界中の人と共有し、表現する世界共通のキャンペーンを展開。日本では、球界のみならず球界外からも幅広く注目を集める大谷選手を起用しています。

大谷選手の"こだわり"は、「マウンドに立ったら、投手。打席に立ったら、打者。それが自分にとっては自然な事。ONE OBSESSION ゆずれないもの。」です。大谷選手の野球にとって重要なのはスタイリッシュ(美しさ)。「最高の結果を残した時のフォームは誰だって満足できる美しさになっている。誰よりも美しさにこだわり、それが唯一無二の結果につながる」と語っています。

また、「オークリー」の新スポーツアイウェア「RADAR EV(レーダーEV)」も、投打のスタイリッシュを追求する大谷選手のプレーを支えています。オークリーの代名詞ともいえるスポーツパフォーマンスアイウェアRADARが、世界最高峰のアスリートたちとの協力しさらに進化したアイウェアです。

詳しい答えは、大谷選手のメッセージ入り動画と公式サイトから。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

ランキング Life RANKING

Instagram