2010/12/30

初売りバーゲンで冒険してみて!

「とにかく隠す」はNG! スタイルよくやせて見えるコツ

それでは「やせて見えるポイント」についてお伝えします。

1.スカートの丈の長さには気をつけて

ふくらはぎのはっている人が一番太いところにスカートの丈の長さが重なると脚の太さを強調してしまいます。脚が太いことを気にしているあなた、思いきって、脚を出してみてはいかがでしょう? 膝上の丈にも挑戦してみては? カラータイツなどを引きしめる色にして下半身のボリュームを少なく見せるとすっきりとやせて見えます。

2.洋服が重そうで、着られているように見えないかどうか

身長の低い人、やせている人は、布地の厚いものや丈の長いものは重そうに見えてしまい、洋服に着られているように見えます。試着して軽やかに見えるようなものを選びましょう。特に小柄な人やせている人は注意! また、大柄な人もボリュームが出過ぎて、ますます大きく見えるかも?

3.首を出す

手首、足首、首を出すとやせて見えます。太っているところを隠したいと思って隠してしまうより、返ってだすことによってやせて見えます。

さあ、ポイントを押さえて新しい洋服にチャレンジしてみてください。新しい年、気持ちも新鮮に自分の新しい魅力をが見つかるかもしれません!


秋山いずみ 秋山いずみ

カラー・イメージコンサルタント、ウォーキング・インストラクター。「BalanSense(バランセンス)」主宰。パーソナルカラー、マナー、メイクアップ、骨格にあったスタイリングなどをテーマにしたセミナーを開催するほか、個人向けにショッピング同行やウェディングのトータルコーディネートなどを行う。
最新のセミナー情報 http://www.balansense.jp/index.html

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

4

ランキング RANKING

Instagram