池袋にドトール×本屋の新業態 3000冊がズラリ並ぶ「梟書茶房」オープン

かもめブックス ドトール 梟書茶房

ドトールコーヒーの新業態「本と珈琲 梟書茶房(フクロウ ショサボウ)」が2017年6月30日、東京メトロ池袋駅直結の駅ビル「Esola池袋」4階にオープンします。

かもめブックス代表が選書

「梟書茶房」はドトールコーヒーと神楽坂の書店「かもめブックス」の代表・柳下恭平氏による本と珈琲の新しいブランド。"Coffee Meets Books"をコンセプトに掲げ、喫茶店の中での思いがけない本との出合いや読書の時間を提供します。

店内には柳下氏が「あらたな本との出合い」をテーマに選んだ約3000冊もの本が置かれます。うち約1000冊は店内で自由に読むことができ、約2000冊は袋綴じの「シークレットブック」として販売されます。シークレットブックの表紙には紹介文のみが書かれており、中身は読んでみるまでのお楽しみです。

本と一緒に楽しめるコーヒーは、サイフォンで抽出する深入りの「梟ブレンド」。日本スペシャルティコーヒー協会副会長を務めるドトールコーヒーの菅野眞博氏が同店のコンセプトに合わせて開発したそうです。また、柳下氏が選んだ本と、その本のイメージに合わせて菅野氏がブレンドしたコーヒーをセットにした「珈琲と本のセット」もシーズンごとに数量限定で販売されます。

コーヒー以外にも「自家製ジンジャーエール」などのドリンクや、ホットドッグ、シフォンケーキなどのフードメニューも用意されます。

店内は「珈琲と食事を楽しむ」「読書と珈琲を楽しむ」「物思いに耽る」「お喋りする」をテーマにした4つの空間に分かれているので、その日の気分で使い分けができるのも魅力です。

営業時間は10時30分から22時まで(ラストオーダー21時30分)。詳細は公式サイトへ。

かもめブックス ドトール 梟書茶房

プレゼント

ランキング Life

人気の写真・動画

TBMおすすめサイト

  • 世界のファッションが集まるマーケットモール | ファッション通販waja(ワジャ)