フィンランドデザインの家具や日用雑貨を一堂に展示

フィンランド 北欧 家具

フィンランド独立100周年記念 フィンランド・デザイン展

2017年3月4日から26日まで、プラニスホール(札幌市中央区北5条西2丁目エスタ11階)にて、「フィンランド独立100周年記念 フィンランド・デザイン展~織田憲嗣コレクションから~」が開催されています。

北欧モダンデザインの黄金期をたどる

織田憲嗣コレクションは、織田憲嗣氏(東海大学名誉教授、東川町デザイン振興アドバイザー)が生涯をかけて研究対象としてコレクションしたもので、北欧モダンデザインの黄金期といわれる1950から60年代を中心に、椅子約1350脚、テーブル約70種、キャビネット50種を有し、ガラス器や陶器などの分野でも6000点を数えます。その規模、内容は世界のデザインミュージアムにも劣らないものであり、高く評価されています。

本展では、2017年がフィンランド独立100周年となることから、織田コレクションの中からフィンランド・デザインの家具やガラス器、陶器、木製品など日常を彩る優品を見ることができます。特に、オイヴァ・トイッカのイッタラバードは、130点が一堂に展示されます。

開催時間は10時から19時(最終入場は18時30分)です。

フィンランド 北欧 家具

プレゼント

ランキング Event

人気の写真・動画

TBMおすすめサイト

  • 世界のファッションが集まるマーケットモール | ファッション通販waja(ワジャ)