おこづかいは減らさない 百貨店「友の会」という消費増税対策

百貨店

1年後のボーナスが楽しみ

消費増税で節約ばかりに気を取られがちですが、自由に使えるおこづかいを「増やす」という裏ワザがあります。マネー上級者の間で今、百貨店各社が行う「友の会」への関心が高まっています。

年利8%超 銀行預金よりはるかにお得

「友の会」とは、百貨店が顧客に向けて独自に行う積み立て会員サービスのこと。毎月ひと口5000円または1万円を積み立てると、満期にボーナスがプラスされて戻ってくるしくみです。ひと口の積み立て額や満期までの日数、ボーナス額、友の会のサービス名称などは百貨店によって異なります。

注目すべきは、その利率の高さです。大手銀行の年利が0.025%(2014年2月現在)なのに比べ、友の会には8%を超えるところもあります。単純計算で12万円を預けた場合、1年後に銀行で受け取れるのは30円ですが、友の会では1万円増えるということ。

百貨店側にとって友の会会員は"お得意様"ですから、飲食代を安くしたり、友の会専用の休憩所を設置したり、新規・継続でプレゼントを用意したりと、色々なおもてなしをしてくれます。各社で特典内容が違うので、比較してみるとボーナス以外の魅力も見つかりますよ。

[続き]おこづかいの使い方見直すいい機会
1
百貨店

今月の特集

今月の特集 今月の特集

人気の写真・動画

TBMおすすめサイト

  • セール(SALE)ならグラムール セールス