2011年春の流行色は「ピンク」 癒やし効果にも期待

   3月といえば三寒四温、この時期は暖かい日もあれば、ゲリラ雪のような日もあって毎朝、毎朝、いったい何を着ればいいの?と頭をかかえる魔の季節です。

   冬のコートや厚手のニットはももう着たくはないし、そうかと言って、春服を取り入れるには、まだまだ寒い。コートもスプリングコートではまだ寒いし、ちぐはぐなファッションコーディネイトになりがち。しかも花粉大量発生のこの時期、暖かくなってうれしい反面、通勤や外出するのもおっくうです。

   暖かい明るい色や春らしいきれいな色をうまく取り入れて、冷たい冬の季節から気持ちを上手に切り替えてみませんか?

   先日の地震で不安や緊張もあるときですから、なおのこと明るい色に接すると、気持ちも前向きに元気になります。

すべて新しいものに買い換える必要なし

似合うピンクを見つけてみて
似合うピンクを見つけてみて

   春先の流行アイテムを何から何まで、買い換えるというのは、金額もはりますので、まずはトップスや小物から取り入れてみたらいかがでしょうか?

   この春はピンクが大流行しています。華やかなローズピンク、やわらかいサーモンピンク、さくらのような淡いピンクなど、女性らしい色が大流行です。テレビや雑誌でも、ハリウッド女優やモデルは季節感のある色をうまく取り入れているのが分かります。

   ニットのような冬らしいアイテムを購入するなら、ピンクをチョイスして春の季節感を出します。もしくは、冬に着ていた白やグレーなどベーシックカラーのトップスに、ピンクのマフラーやアクセサリーなどを新たに組み合わせると簡単に春のトレンド感が醸し出せます。





必見! 大人女子のお金をかけない流行色の取り入れ方
ポイント
1.この春、気になる自分が取り入れたい流行色を1つ決める
2.ベーシックカラー(白、黒、グレー、ベージュ)のトップスに、流行色のアクセサリーや小物を合わせる

[続き]ピンクの心理的効果
1

ランキング