お金の貯まるカード活用術
“ポイントの達人”こと株式会社ポイ探の代表取締役・菊地崇仁さんが、ポイントカードやクレジットカードの賢い使い方をわかりやすくレクチャー。読んだら必ずお金が貯まる、目からウロコのカード活用術です。
2021/6/10

スマホがバキバキになっても大丈夫!「スマホ補償」があるクレカとは?

お金の貯まるカード活用術

最近流行なのがスマホ補償の特典があるクレジットカードです。画面がバキバキになって使っている人も多いですが、ガラスが割れた状態で使うのは危ないですよね。ただ、スマホの補償サービスもそれなりに高く、加入していない人も多いのではないでしょうか。

例えば、ドコモの「AppleCare+ for iPhone」はiPhone12などで24か月の場合は月額770円。画面割れの場合、1回につき3700円で修理することができますが、年間で9000円以上の支払いは迷いますよね。

筆者もかつて購入してすぐスマホを落として画面がバキバキになり、補償サービスに加入していなかったため、困った経験があります。ケースやフィルムを買えば良いかと思っていた矢先でした。

今回は、クレジットカードにスマホ補償が付いているカードを紹介します。

ショッピング保険とスマホ補償の違い

以前、ショッピング保険でスマホの修理する方法を紹介しました。

ショッピング保険のあるクレカでスマホを購入しても、基本的にはスマホの画面割れなどは対象外です。スマホは落としたりする事が多いため、対象外になっているのです。

しかし、アメリカン・エキスプレス・カードダイナースクラブカードは自己負担1万円が必要ですが、購入から90日以内であれば補償されます。例えば、修理が1万5000円必要だった場合、自己負担1万円分を引いた5000円が保険金として支払われます。

公式サイトより

イオンカードの場合、スマホの画面割れも購入から180日間補償されます。さらに自己負担は0円。上記のように1万5000円の修理代金が発生した場合は、1万5000円が保険金として支払われます。イオンカードで購入すると安心と言うわけですね。

ショッピング保険とはクレカで端末を購入したときの補償サービスとなりますが、スマホ補償はそのカードで端末を購入する必要はありません。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

[続き]スマホ補償が付いているクレカ
1

人気キーワードHOT

特集SPECIAL

特集

Instagram