2020/1/29

定番からアレンジ巻き寿司まで、恵方巻4万本を販売

2020年2月3日、あべのハルカス近鉄本店(大阪市阿倍野区)地下2階食料品売場、地下1階洋菓子売場にて、定番の和風巻き寿司をはじめ、世界各地の代表料理をアレンジした巻き寿司など、バラエティ豊富な恵方巻きを約4万本が販売されます。

節分にちなんだスイーツも

2月3日は節分の日。今年の方角は「西南西」。

あべのハルカス近鉄本店では、新鮮な魚介や数の子・カニなど16品目の具材入りの「さかな屋の寿司」の「シャリが5色の海鮮巻」(2020円)といった定番の和風巻き寿司をはじめ、アフリカ大陸の中東料理ケバブと融合した「八宝」の「ケバブ巻すし」(324円)や、「花紀行」の「いくらの入ったカリフォルニアロール ハーフセット」(1688円)など、世界各地の代表料理をアレンジした巻き寿司まで、バラエティ豊富な恵方巻きを約4万本が販売されます。

また、海苔に見立てた黒いクレープ生地で巻かれたロールケーキ「パティスリー モンシェール」の「幸せ丸かぶりロール」(951円)や、丹波産黒豆を贅沢に使用した「一心堂」の「福豆大福」(432円)など、節分限定のスイーツも販売されます。

営業時間は10時から20時30分までです。スイーツの販売期間は異なりますので、詳細は公式サイトを確認してください。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

Instagram