2019/10/ 2

たっぷり500点の展示品で奥深い魅力を探る「ムーミン展」

2019年9月28日から10月24日まで、金沢21世紀美術館市民ギャラリーB(金沢市広坂1-2-1)にて「ムーミン展 THE ART AND THE STORY」が開催されています。

浮世絵とムーミンが並ぶ

愛らしい姿とユーモアあふれる言葉で世界中のファンを魅了するムーミンとそのなかまたち...フィンランドを代表する芸術家、トーベ・ヤンソンが生みだした「ムーミン」シリーズは、小説、絵本、新聞連載コミック、アニメ、商品などさまざまなかたちで親しまれています。同展は、その奥深い物語の魅力を約500点の展示品で体感できる展覧会です。

2017年にリニューアルオープンした、フィンランド・タンベレ市にある世界で唯一の「ムーミン美術館」から、よりすぐりの作品を出展。また、トーベが最後まで手元に残しておいた貴重なコレクションから日本初公開の作品も並びます。このほか、イースターカード、アドベントカレンダーの原画、銀行の広告など、小説や絵本では見たことがないムーミンとそのなかまたちの多彩な表情にも出会うことができます。

また2019年はフィンランドと日本の外交関係樹立100周年。トーベは来日も果たしています。トーベと日本の交流にも光を当てトーベが愛した日本を写真資料やスケッチで紹介するほか、浮世絵(※レプリカ)とムーミンが並べて展示されます。

料金は1300円。開催時間は10時から18時までです。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

Instagram