2019/6/18

6月18日はおにぎりの日。 業務スーパーの55円おにぎり、食べてみた。

業務スーパー調査隊

大容量かつ低価格な商品がそろう「業務スーパー」ですが、実は1個売りでお得な商品もあります。

それは、「おにぎり」です。1個税別55円の安さで、SNSでもひそかに注目されています。

コンビニの約半額

6月18日の「おにぎりの日」は、2002年に記念日として制定されました。1987年に石川県能登半島の旧・鹿西町(現・中能登町)で、日本最古のおにぎり状の炭化米"おにぎりの化石"が発見されたことにちなみます。

コンビニやスーパーの定番食品の「おにぎり」は、100円前後で販売されていることが多いかと思いますが、業務スーパーでは税別55円(税込59円)と半額近い価格です。

SNSでも安さから購入している人が多数見られます。

「業務スーパーは神 おにぎりも59円安ッ!!」
「業務スーパーコンビニ並みのおにぎり60円で買えるの強い」
「今日の昼飯は業務スーパーで買った55円のおにぎり3個でつ」
「すき家帰るときとかバイト前とかたまに食べる」

でも、半分の価格のおにぎりってどんな味なの...?

気になった東京バーゲンマニア記者は、自宅近隣の店舗を訪れ、おにぎりをゲット。そこの店舗では、さけ、たらこ、明太子、昆布、梅などがありました。

今回は、「さけ」と「たらこ」を購入。海苔はパリパリ系、パッケージはセンター剥きタイプです。見た目は、コンビニのおにぎりとさほど違いはありません。

2つのおにぎりを割ってみます。
「さけ」は若干具が少ないように感じましたが、「たらこ」はたっぷり詰まっています。

さけ(右)とたらこ(左)

「さけ」はごくごく普通。身は細かいと感じました。一方で「たらこ」の味は濃い目。1個食べると満足感があります。どちらも思っていたより(いい意味で)普通。おいしかったです。

おにぎりに力を入れているコンビニと比べるのは非情ですが、59円という価格を考えれば充分な味わい。特に節約したいとき、朝食や昼食の足し、間食によさそうです。

興味のある人は店舗を訪れた時にチェックしてみて。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

プレゼントPRESENT

Instagram