2019/6/ 3

長野・新潟より隠れた名品、地元で評判の逸品が大集合!

福屋八丁堀本店(広島県広島市中区胡町)で、2019年6月4日から6月11日まで「老舗の味とぬくもりを 長野・新潟物産フェア」が開催されます。

郷土の味にほっこり

日本アルプスの山々が神々しい長野県、大河のたおやかな流れに豊穣の大地が広がる新潟県。会場にはそんな豊かな自然に育まれてきた両県の名品が集まります。

「信州・鬼無里いろは堂(長野)」の具がぎっしり詰まった「炉ばたのおやき」(各1個 211円)や、「大漁めし 旬食吉里(新潟)」のカニの香ばしさが口の中に広がる「焼きがにめし」(1折 1380円)をはじめ、ご当地グルメが実演販売で登場。

「相木商会(長野)」の「野沢菜古漬(むかしづけ)」(200g 551円)や、「万越屋(新潟)」の「かんずり明太子」(100g 1296円)も絶品です。

「軽井澤ソフトクリーム高原牧場(長野)」の「牧場ブラック」(1個 501円)や、「越後味匠本舗(新潟)」の「わらび餅」(黒糖200g 648円)ほか、スイーツからも自然の恵みや伝統を感じられます。

場所は8階催場、時間は10時から19時30分まで(金・土は20時まで、最終日は17時まで)。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

特集SPECIAL

特集

Instagram