編集部ガチ推し「本当に買ってよかったもの」
オトクにかしこく暮らすうえで大切なのは「買ってよかった」「経験してよかった」と思えるもの・コトに出会うこと。日々さまざまなアイテムやイベントをウォッチしている編集部員が本気で“推したい”と思えるものを厳選紹介します。
2019/5/18

指原莉乃も惚れ込んだ「最高」コスメ。 愛用中の記者がガチレポート!

SNSで話題 編集部ガチ推し「本当に買ってよかったもの」 芸能人のお気に入り

SNSでたびたび愛用コスメを紹介しているタレントの指原莉乃さん。これまで多くのアイテムを紹介してきましたが、そんな指原さんが以前 、インスタライブで「これまじでおすすめ」「最高」と何度も連呼していたほか、最近では「目元がパッと明るくなります」などとコメントをし、虜になっている様子のコスメがあります。

実はそのアイテム、コスメ好きな人たちの間でも注目を浴びているアイテムで、愛用者からは「これが無いとメイクが仕上がりません」とまで言われるほど。

記者もかねてから愛用しているため、今回は使用感や使い勝手など、商品の魅力を紹介していきたいと思います。

指原さんはアイホールや涙袋にオン

指原莉乃さん(2019年4月28日撮影)

話題のアイテムは、NY発のメイクアップアーティストブランド「ローラ メルシエ」から販売されている「マットラディアンス ベイクドパウダー ハイライト01」です。

この商品は、気品のあるツヤとパール感が魅力。サッと一塗りするだけで肌にソフトな輝きと、自然な明るさをプラスしてくれます。あくまでもナチュラルなツヤなので浮かず、パウダーが繊細なので、肌に溶け込むようにフィットしてくれます。時間が経っても繊細なツヤ感が持続してくれるのも、ポイントです。

指原さんは2019年5月13日、「オレンジメイク」に使用した際のアイテムをツイッター上で公開。韓国コスメが多めのラインアップでしたが、その中の1つが同商品でした。

本来はハイライトとして使用するものですが、指原さんは「ずっとアイホールと涙袋に使ってます」とのこと。「目元がパッと明るくなります」との感想も添えています。

ちなみに以前配信されたメイク方法を紹介するインスタライブでも、涙袋に塗って視聴者に「どう?最高じゃない?」などと"最高"という言葉を連呼して紹介、「これまじでおすすめ」「ハイライトするときはこれ」と惚れ込んでいる様子を見せていました。

「肌めっちゃ綺麗やん...って自画自賛してしまう」

このハイライト、指原さんだけでなく、多くの女性が虜になっています。SNSを見てみると、

「浮く事もラメラメすぎる事もなく、天才的な艶感!そして顔の凹凸を上手く引き立て立体感を出し、肌を綺麗に生き生きと見せてくれます!!これが無いとメイクが仕上がりません
「指で軽く手に塗っただけなのですが、そこだけ濡らしたかのような艶感。」
「色は白っぽいベージュっぽいナチュラルな色だからチークの色味も生きるし、日光の下で鏡見ると私肌めっちゃ綺麗やん...って自画自賛してしまう
「入れてます感がなくナチュラルで自然なハイライトだから鼻筋には毎日これ使ってる

などと高評価されています。

記者もいくつかハイライトを所持していますが、肌の内側から発光するような繊細で上品な輝きとしっとりとした粉質が好みで、ついこればかり使ってしまいます。自然にのせたい箇所はブラシで、しっかりめにハイライト感を出したい時は指でのせます

ケースが大きいので持ち運ぶのには不向きですが、使用感は◎。ツヤ感が強い方が好きという人は物足りなさを感じるかもしれませんが、ナチュラルな輝きを求めているという人にはぴったりです。

大きさはこれくらい

記者が店頭で試した際、手の甲などにのせて色味を確認後、ティッシュオフすると、すぐにとれてしまったためモチが悪いように感じましたが、ファンデーションの上から重ねれば、1日とはいかないまでも、半日ほどはモチました

クリームタイプのハイライトはヨレが気になったり、ファンデーションとの相性が悪いものも中にはありますが、同商品はサッとのせただけではヨレは感じず、愛用中のリキッドファンデーションとの相性は悪くありませんでした。

ハイライトを入れると、テカって見えてしまうことも多いですが、こちらは繊細なラメで肌をきめ細やかに見せてくれるので◎。入れるのと入れないとでは、立体感もかなり変わってくると個人的には思います。

これまでハイライトに特にこだわりがなく、プチプラのもので十分と思っていた記者ですが、これに出会ってハイライトの良さを再確認することができました。

価格は税込5184円とデパコスならではのお値段ですが、部分的に使うものなのでそこまで減りも早くなく、コスパは悪くないかと思います。

ハイライトを新調しようと考えている人、気になる人は参考にしてみて。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

Instagram