2019/2/27

豚まん?シューマイ?餃子...でもない「千両焼」をお試しあれ。

千両焼本舗(大阪市旭区森小路2-7-15)にて、2019年2月1日から、惣菜系千両焼「肉せん」の販売を開始しました。

餃子研究から生まれた店主の自信作

同店は2017年5月に開店し、牛乳と卵をたっぷりと使いふっくらと仕上げた「千両焼」という、パンケーキのような生地にあんや惣菜を入れて焼いた焼き菓子を製造販売しています。今回、キャベツの甘みと肉の旨みがたっぷり詰まった惣菜系千両焼「肉せん」(120円)を開発しました。

餃子屋を開店したいと、餃子を作っては家族に食べさせて研究していたものの、毎日のことに飽きてきた家族から不満が出たため、餃子のあんを利用してオムレツやハンバーグにしていた店主。ある日、家庭用の今川焼の器具で、生地の中に餃子のあんを詰めて焼いてみたら、すこぶるおいしかったというエピソードから生まれた商品です。豚まんのようでもあり、シューマイや餃子のようでもありと、食べた感想はさまざまですが、味はバツグン。店主の自信作が好評を博しています。

営業時間は11時から19時まで。火曜定休です。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

特集SPECIAL

特集

Instagram