2019/2/20

キンキ剛さんの「つよしくんどんぐりガム」で話題 ふしぎ食感の駄菓子

SNSで話題 プチプラおやつ

(画像はパイン株式会社公式ツイッターより)

KinKi Kids」の堂本剛さんが、2019年2月18日放送のラジオ番組「レコメン!」(文化放送)内の自身のコーナー「KinKi Kidsどんなもんヤ!」に登場し、世界で自分だけの「どんぐりガム」との共演を果たしました。

その名も「つよしくんどんぐりガム・ホットケーキ味」。

そもそも剛さんが愛する「どんぐりガム」とはどんなものなのでしょうか。

飴、ガム、くじ...一度で3度おいしい!

どんぐりガム」とは、パインアメでおなじみのパイン株式会社から販売されているキャンディの中にガムが入った駄菓子です。1個10円ほどで、サクサクと軽い食感が特徴。キャンディの味はコーラ、サイダー、アップル、グレープの4種類が展開されています。

(画像は公式サイトより)

実際購入した人たちのレビューから、昔からのファンはもちろん、今でも子どもたちに人気のお菓子であることがわかります。

子供さんたちのおやつなどにもぴったりなとてもいいお菓子です」
「アメとガムの両方楽しめる アタリ付きでちょっとしたドキドキ感があじわえる」
懐かしい味で、やっぱり美味しかったです」
「遠足のおやつによく持っていってました。飴の中にガムが入っているという不思議な食感のお菓子です。大人である今、思い切って箱買いしてみました」

コーラ、サイダー、グレープの3種類が入った小袋タイプの「どんぐりガムミックス」(172円)も販売されています。

(画像は公式サイトより)

剛さんも子どもの頃から食べていた一人。そのなかでも、「コーラが好きと明かしていました。以降、自身のラジオ番組内では、どんぐりガムを食べたり、会話に登場させたりすることが増えました。

今回の「つよしくんどんぐりガム・ホットケーキ味」は、剛さんがどんぐりガムが好きと知ったメーカーのパイン株式会社が、「普段のお礼と年末年始のご挨拶代わりに」と3種類の「つよしくんどんぐりガム・ホットケーキ味」を開発。番組に届けられたのです。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

[続き]つよしくんどんぐりガムとは
1

Instagram