2018/11/30

成城石井に降臨した「いちごバター」の姉妹品...ってどんな味?

成城石井

先日、成城石井注目のスプレッドが登場しました!

その名も「ブルーベリーバター」。成城石井の大人気商品「いちごバター」の姉妹品ということで発売前から話題を呼んでいたんです。

東京バーゲンマニア編集部もさっそく入手してきました!果たしてそのお味は...?

スコーンやケーキのトッピングにも◎

そもそも「いちごバター」は、入荷されるたびすぐに店頭から消えてしまうことから"入手困難"な商品として知られる成城石井のヒット作。国産イチゴとバターで仕上げたスプレッドで、口の中でとろけるバターにフレッシュなイチゴの酸味が引き立つ、贅沢な味わいが特徴です。

そんな「いちごバター」の姉妹品が、2018年11月28日に発売されたばかりの「ブルーベリーバター」です。

フタを開けてみると、こんな感じです。ペーストっぽい質感です。

スプーンですくってみました。バターの"もったり"とした感じが出ています。オレゴン産デューク種ブルーベリーとバターを絶妙なバランスで合わせているのだそう。

パンに塗って、いざ実食。

...これは、想像以上に濃厚

「いちごバター」は果実がゴロゴロと入っていたのですが、こちらは果実ナシ。そのためか、まろやかさや濃厚さが一層際立っているように思えます。しっかりとしたブルーベリーの香りも口の中に広がります。

筆者はトーストに塗って味わいましたが、冷やしてスコーンやケーキのトッピングにするのもおすすめとのこと。

270グラム入りで価格は699円(税別)。今回は3万個限定での販売とのことなので、気になる人はお早めに!

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

合わせて読みたい!

特集SPECIAL

特集

Instagram