2018/11/29

マクドナルドの冬の風物詩「グラコロ」、今年は「超」「濃」どっちから食べる?

マクドナルド

マクドナルドの冬の定番メニュー「グラコロ」の季節が今年もやって来ました!

東京バーゲンマニア編集部では2018年11月29日、都内で行われた新商品発表会に参加し、お先に"マクドナルドの冬"を味わってきました。

「んー、美味しい!濃厚さが全然違いますね」

「超グラコロ」

1993年に誕生した「グラコロ」は、マクドナルドの冬の風物詩として親しまれるロングセラー商品。サクサクのグラタンコロッケの中に、とろとろクリーミーなホワイトソース、えびとマカロニが入っているのが特徴です。2016年にリニューアルを経て「超グラコロ」へと進化しました。

今年は12月5日から、「超グラコロ」と新商品「濃グラコロ チーズフォンデュ」が期間限定で販売されます。

「濃グラコロ チーズフォンデュ」

新登場の「濃グラコロ チーズフォンデュ」は、濃厚で風味豊かなチーズフォンデュをイメージしたソースを合わせたバーガー。パルメザンチーズと旨味あるベーコンに、隠し味の白ワインが加えられています。

イベントでは、今年のグラコロは"食べる順番が大事"とのこと。発表会に登壇したタレントの岡田結実さんは、「めっちゃ気になります。どんな濃厚さなのかっていうのを今すぐ食べたい!」と、新商品の「濃グラコロ チーズフォンデュ」に興味津々。

岡田結実さん

ところが、岡田さんがひと口頬張ろうとした瞬間、「ちょっと待った!間違っているぞ」と一喝する声が。CMにも出演するプロレスラーの蝶野正洋さんが乱入する事態に発展しました。熱烈な「グラコロ」ファンだという蝶野さんは、

「まずは王道の『超グラコロ』、そして新商品の『濃グラコロ チーズフォンデュ』を食べる。この順序が公式で決まっているんだ」

と力説。マクドナルドの担当者から「お客様の好きな方から...」と訂正されるも、

「おれは『超→濃』を勧めるよ。そしたら、超濃厚なチーズフォンデュの味わいがさらに分かるんだ」

と熱弁を振るいました。決して、「超濃(蝶野)」と言いたいわけではないそう。

「I'm 超→濃」な蝶野正洋さん

蝶野さんの主張を受け、岡田さんも「超→濃」の順番で食べることに。まずは「超グラコロ」を味わい、「うぅ~ん。このサクサク感ととろとろ感が」と舌鼓。サングラスで表情の分かりにくい蝶野さんも、岡田さんから「めっちゃ瞳孔開いています」と暴露されていました。

岡田さんは次に「濃グラコロ チーズフォンデュ」にかぶりつくと、

「んー、美味しい!(「超→濃」の順番)めっちゃ分かります。濃厚さが全然違いますね。噛んだ瞬間にチーズの味がすごい広がりますし、中のコロッケも負けてないですもんね。ちょうどいい。正直、完敗です。すっごいこの食べ方美味しいです」

と大絶賛。蝶野さんおすすめの「超→濃」の順番の食べ方に太鼓判を押しました。

「グラコロ」初体験

蝶野さんと岡田さんが美味しそうに頬張る様子を見て、試食会ではおすすめ通りの「超→濃」の順番で食べてみることに。

「超グラコロ」(左)と「濃グラコロ チーズフォンデュ」(右)

実は「グラコロ」初体験の筆者。まずは手に取った瞬間のバンズの柔らかさに驚きます。軽く手に挟んでいるだけなのに、指が沈んでしまうくらいバンズがふかふか。ひと口食べると衣はサクサク、中からはとろっとホワイトクリームが流れ出ました。ぷりぷりのえびがいい食感です。

一方の「濃グラコロ チーズフォンデュ」は、チーズの濃厚な香りが食欲をそそります。「グラコロ」のよさはそのままに、チーズの濃厚さとベーコンの塩気が広がり、まさに「濃」のネーミングにふさわしい味わい。濃厚具合を確かめるためにも、やはり「超→濃」の順番がベストだと思いました。セットのポテトとも好相性です。

単品価格は「超グラコロ」が340円、「濃グラコロ チーズフォンデュ」が390円(税込)。今年も朝マック時間帯での提供が実施されます。販売は1月上旬までの予定。

また11月30日から12月4日までの期間には、マクドナルドの公式ツイッターで「超濃グラコロルーレットRTキャンペーン」を実施。対象ツイートの公式リツイートで、全員にグラコロ割引クーポンが当たるほか、抽選で100人に超濃グラコロマックカード1000円分が当たります。

その他詳細は公式サイトへ。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

特集SPECIAL

特集

ランキング Gourmet RANKING

Instagram