2018/7/ 9

相国寺承天閣美術館で「リー・ダークスコレクション 浮世絵最強列伝」

相国寺承天閣美術館(京都市上京区今出川通烏丸東入)では、2018年7月3日から9月30日まで、「サンタフェ リー・ダークスコレクション 浮世絵最強列伝~江戸の名品勢ぞろい~」が開催されています。

前期、後期で全点展示替え

米国サンタフェ在住のリー・ダークス氏は、日本に米空軍士官として来日した際に日本美術に関心を持ち、2000年頃から本格的に浮世絵のコレクションを開始。

本展では、浮世絵の祖、菱川師宣、美人画の喜多川歌麿、役者絵の東洲斎写楽のほか、葛飾北斎や歌川広重など、代表的な浮世絵師の優品のみを収集したダークス氏のコレクションが初公開されています。

8月5日までを前期、休館日を挟んで8月8日からを後期とし、全点展示替えをします。また、図録(2300円)をはじめ、マグネット(600円)やトートバッグ(2600円)、スマートフォンケース(2160円)など、グッズの販売もあります。

開催時間は10時から17時(入館は16時30分)まで。チケットは1000円です。リピーター割引もあり、会期中2回目以降の観賞は、半券と引き換えで100円引きになります。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

ランキング Event RANKING

Instagram