2018/1/24

日本初上陸! 注目の「ハイアット セントリック 銀座 東京」がついにオープン

ニューオープン

世界的ホテルチェーン、ハイアットグループの新ブランド「ハイアット セントリック」のアジア第1号となる「ハイアット セントリック 銀座 東京」が2018年1月22日、東京・銀座に開業しました。

菅原小春さん「開放感に満ち溢れている」

「ハイアット セントリック」はグループのライフスタイルホテルブランドとして2015年1月に誕生。現在はシカゴやニューヨーク、ロサンゼルス、マイアミなど米国の主要都市やリゾート地を中心に18軒が展開されています。

アジア第1号となった「ハイアット セントリック 銀座 東京」は高級ブランドや老舗店が立ち並ぶ銀座・並木通りにオープンしました。2017年10月に竣工した「東京銀座朝日ビルディング」の3階~12階に入居し、3階にはダイニング&バー「NAMIKI667」、4階にはレセプション、ライブラリー、フィットネスジム、5階~12階にはスイートルーム3タイプを含む計5タイプの客室が設けられています。

宿泊は1泊4万円前後(スタンダードのキングまたはツイン)。1月分の宿泊予約はすでに受付がスタートしています。

菅原小春さん

オープン当日にはセレモニーが行われ、国内外で注目されるダンサー・菅原小春さんがスペシャルゲストとして登場。ブランドカラーと同じ真っ赤なトレンチコートに身を包んだ菅原さんは、

「ホテルや部屋が開放感に満ち溢れていて、自分の自由な性格にフィットしていると感じました。『NAMIKI667』もバーとダイニング、テラスがすべてつながっているつくりで、色々な人とコミュニケーションをとれるのが嬉しいです」

などと魅力を語りました。

左から日本ハイアット代表取締役副社長、坂村政彦氏/オリックス不動産取締役社長、高橋豊典氏/菅原小春さん/ハイアット セントリック 銀座 東京 ホテル総支配人、内山渡教氏

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

[続き]ワンフロア丸ごと使った「NAMIKI667」がすごい
1

プレゼント

ランキング Travel