2016/6/14

映画「ノック・ノック」/女の闇をみる描写に、世の男たちは震え上がるだろう

ノック・ノック

(C)2014 Camp Grey Productions LLC

父の日。建築家のエヴァン(キアヌ・リーブス)は、外出する妻カレンと子供を見送り、一人自宅で仕事していた。夜。豪雨の中、玄関をノックする音がする。開けるとずぶ濡れの美女2人が立っていた。暖を取らせるため家へ招き入れたエヴァンだったが、それは地獄への第一歩だった──。

一夜の過ちが招いた悲劇

感染パニック・ホラー「キャビン・フィーバー」(02)でデビューしたイーライ・ロス監督の最新作「ノック・ノック」。近作の「グリーン・インフェルノ」(15)は食人族を取り上げた。今回は人気スターのキアヌ・リーブスを起用。一夜の過ちで人生が崩壊する男の悲劇を描いたサスペンスだ。

家族を愛する良き父エヴァンの元に、ジェネシス(ロレンツォ・イッツォ)とベル(アナ・デ・アルマル)が迷い込む。警戒するエヴァンだったが、美女2人はぐいぐい距離を詰めていく。いつの間にか家中に入り込み、バスルームでエヴァンを誘惑。理性を保とうとするエヴァンだったが、ついに誘いに屈してしまう。

これまでのロス監督作品では、主人公が訪れた先で悪夢に巻き込まれていた。今回は反対に安全なはずの自宅が地獄に変わる。いの一番に思い出したのが、1970年に漫画家の藤子不二雄Aが描いた「魔太郎がくる!!」。招き入れた他人に自宅を乗っ取られるエピソードに似ている。テロに怯える現代心理を映しているのかもしれない。

怖いのは入り込んだ2人の目的が分からないことだ。ゲームのように男を誘惑し、落とした翌朝に牙をむき、容赦ない暴力を浴びせる。平和だった男の人生は簡単に壊される。女の闇ともみえる描写に、世の男たちは震え上がるだろう。

それにしても、ここまで不甲斐ないダメ男を演じるリーブスは初めて。逆にまったく悪びれず悪事をエスカレートさせる2人の怪演がすさまじい。悪趣味な不条理を徹底的に描くロス監督ならではで、観客の嫌悪感を引き出す演出が巧妙だ。積み重ねられる理不尽なエピソードに、不快指数が100%に達することは間違いない。


「ノック・ノック」(2015年、米国)

監督:イーライ・ロス
出演:キアヌ・リーブス、ロレンツァ・イッツォ、アナ・デ・アルマス
2016年6月11日(土)、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかで全国順次公開。作品の詳細は公式サイトで。

記事提供:映画の森

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

(C)2014 Camp Grey Productions LLC

(C)2014 Camp Grey Productions LLC

Instagram