2012/9/ 7

エビの濃厚スープが衝撃的! 池袋上陸のラーメン店「一幻」に行ってきた

ラーメン 北海道

東京・池袋にある百貨店「東武百貨店 池袋店」が、2012年9月6日に改装工事を終えてグランドオープンしました(参考記事:池袋エリア最大のGapストアも 「池袋東武」第4次改装リニューアルオープン)。グランドオープンの日、真っ先に向かったのは、レストラン街スパイスにオープンした札幌にある行列ラーメン店「えびそば『一幻(いちげん)』」です。甘エビの頭を大量に使ったスープがおいしいと評判のお店で、今回が道外初出店。これは期待せずにはいられません。

「そのまま」スープの「えびしお」(750円)
「そのまま」スープの「えびしお」(750円)

えびそば「一幻」は、大量の甘エビの頭でとった秘伝のスープや、時間をかけて極限まで風味を詰め込んだエビ油など、エビの旨みを最大限に引き出した味わいが特徴のお店。今回注文したのは、エビの風味を活かしたストレートスープのみを使った「そのまま」スープの塩味「えびしお」(750円)です。店員さんに聞いたら、これが1番エビのおいしさが楽しめると教えてくれました。

口の中すべてが「エビになる」

待つこと5分、出てきたラーメンは衝撃的でした。「しお」なのに、こってりしたパンチのある色合いのスープ。そして器から立ち上るエビの香り。一瞬にして食欲を掻き立てられます。スープを一口飲んでまたびっくり。エビの甘みや香ばしさが濃縮されていて、口いっぱいにエビの旨みが広がります。色は濃いめですが、混じりっけのないエビ本来のおいしさがストレートに楽しめるスープです。「えびしお」という名前には納得ですね。

そんなスープをより引き立てているのがトッピングされた「えび粉」。エビの頭を焼き上げ粉末にし、出す直前にスープに乗せているそうです。この香ばしさは筆舌に尽くしがたいです。ぜひ体験してください。エビ好きにはたまらない味だと思います。

もちもちした自家製麺との相性もよく、あっという間に完食。最後の一滴までおいしくいただきました。量は適量ですがスープは濃厚なので、「今日は食べるぞ!」という日にオススメですね。お会計のとき、こんなにエビを使って原価大丈夫かな?と余計な心配もしてしまいましたが(笑)、池袋で買い物するときは、また寄ってみようと思います。

「えびそば『一幻』」 東武百貨店 池袋店 レストラン街スパイス12階
03-5985-4453
営業時間:11時~22時(L.O.21時30分)

>>バックナンバーはこちら


ちゃか ちゃか

ショッピングやおいしいもの、新しいもの、楽しいことが好きなIT系会社のOL。 @chakatterで毎日ツイートもしている。

* 記事内容は公開当時の情報に基づくものです。

Instagram