キモかわいいぃぃ! おなじみの深海生物を見て触れるイベント

メンダコ

東京・池袋のサンシャイン水族館では2018年1月13日から3月11日まで、深海に棲む生き物をテーマにした冬限定イベント「ゾクゾク深海生物2018」が開催されます。

ダイオウグソクムシからメンダコまで

深海生物は生息水温が10度ほどのため、海水の表面水温が下がる冬にしか採集できないうえ、水圧の違いから飼育展示できない種類が多くいます。サンシャイン水族館では毎年冬に深海生物採集に挑戦しており、この冬も採集を実施するそう。

イベントでは採集後大切に持ち帰り、展示可能な状態の生き物を館内入口特設水槽や館内1階「冷たい海」水槽、館内1階「生き物たちの不思議」水槽の一部で展示。デリケートで長期飼育が難しいため水族館で見られるのは珍しい「メンダコ」や「タチウオ」、深海生物の代表的存在の「ダイオウグソクムシ」、魚なのに泳ぎが不得意でめったに動かない「ミドリフサアンコウ」、実はヤドカリの仲間で食べると美味しい「オオコシオリエビ」などが登場する予定です(採集状況により変更の可能性あり)。

ダイオウグソクムシ

ミドリフサアンコウ

オオコシオリエビ

さらに期間中は、オオグソクムシやオキナマコなど深海に棲む生き物にタッチできるイベント「ゾクゾクタッチ」も実施されます(各日12時15分~/15時15分~)。各回定員20人で料金は300円。

期間中の営業時間は10時から18時時まで(最終入場は終了1時間前)。入場料金は大人(高校生以上)2200円、子ども(小・中学生)1200円、幼児(4才以上)700円。

詳細は公式サイトへ。

今月の特集

今月の特集

ランキング Event