上島珈琲店の新コンセプトショップが誕生 店名「No.11」に込めた思い

上島珈琲店の新コンセプトショップ「上島珈琲店 No.11」が2017年10月1日、東京・新橋にオープンします。

珈琲のラインアップは計10種

「上島珈琲店 No.11」では日本の喫茶文化に立ち戻り、全てのコーヒーをハンドドリップで提供。「No.11」という店名には10点満点のコミュニケーションを超えた、もう一段上の上質なサービスコミュニケーションを目指したいという思いが込められているそうです。

そんな店内で味わえるコーヒーは、トラディッショナルな味わいの深煎りタイプと浅煎りタイプの2種。それぞれシングルオリジンとブレンドの計10種がラインアップされます。

なお、同店では初の試みとして2段階式ハンドドリップを採用。従来店のダブルネルドリップコーヒーと同じコクのあるコーヒーを抽出し、より鮮度の高い「ミルク珈琲」が楽しめるそうです。

フードメニューには、焙煎したコーヒー豆、オイル、ナッツなどから作った「コーヒーオイル」をさまざまな形で活用。季節のワンプレート「コーヒースピリット」(880円)や「サーモンのオーブンパン粉焼き」(820円)、「No.11クラブハウスサンド」(600円)などが用意されます。

「コーヒースピリット」

「No.11クラブハウスサンド」

営業時間は平日が7時から20時、土日祝日が8時から18時まで。場所は、東京都港区新橋6-1-11 Daiwa御成門ビル1階。

詳細は、公式サイトへ。

今月の特集

今月の特集

ランキング Gourmet

人気の写真・動画

TBMおすすめサイト

  • 世界のファッションが集まるマーケットモール | ファッション通販waja(ワジャ)