あの新宿中村屋から新ブランド誕生! 東京土産にぴったりの焼き菓子

「キャラメルガトー」

新宿中村屋から新たな焼き菓子専門店「東京ガトー つのはず堂」が誕生。2017年9月20日から26日まで、大丸東京店にオープンしています。

3つの商品を販売

中村屋は1901年、パン屋として創業。1909年には和菓子の製造・販売を始め、さまざまな洋菓子を手がけてきました。

「東京ガトー つのはず堂」は、昭和初期にロシアの製菓技師を雇ってロシア菓子を販売していた当時の商品からヒントを得て、東京土産の新ブランドとして立ち上げた焼き菓子専門店。大丸東京店への出店期間中は3種の商品が販売されます。

1つめは、生クリームやはちみつを加えたオリジナルのミルクキャラメルに、ゴロゴロとしたクルミをサンドした「キャラメルガトー」(5個入り600円、8個入り1000円)。2つめは、ココア生地を2度焼きしたビスケットにチョコを染み込ませた「チョコビスカス」(15個入り1000円)。そして3つめは、クリームチーズとカマンベールチーズを使用した生地を直火で焼き上げた「ケーゼクーヘン」(1ホール1500円)です。

「チョコビスカス」

「ケーゼクーヘン」

昔のレシピを紐解き、こだわりの製法・原料で焼き上げた懐かしくも新しい洋菓子をこの機会に味わってみて。

詳細は、つのはず堂公式サイトへ。

今月の特集

今月の特集

ランキング Gourmet

人気の写真・動画

TBMおすすめサイト

  • 世界のファッションが集まるマーケットモール | ファッション通販waja(ワジャ)