西洋占星術師・早矢が占う あなたの2014年後半の運勢(2)てんびん座~うお座

占い 運勢

てんびん座からうお座の運勢は?

s-3773677.jpg ●てんびん座(9/23~10/23)

全体的には、昨年末より長く鎮座していた火星がようやくてんびん座を去ることにより、少し落ち着く状況にはなるでしょう。ただ、一部の方は、少し行き詰まりを感じたりしやすい時期です。

10月3日~6日前後生まれの方は、冥王星の影響により、プレッシャーを感じたり、自分の思うようには進みにくかったりする状況が続くでしょう。また、ハプニングや突発的変化を表す天体・天王星の影響により、10月5日~10月10日前後の生まれの方も思いがけない転換が起きそうです。この時期は、運勢のリズムで言うと、冬の時期。自分らしさをちょっぴり否定される形になったり、行き詰まりを感じたりもあるかもしれません。同時に、自分にはない価値観も受け入れて、キャパを広げるチャンスでもあることをお忘れなく。この時期の踏ん張りが後々の自信にもつながりますよ。

特に3~5日生まれの方は、2天体の影響を受けるため、メンタルマネジメントを意識して過ごしましょう。10月は、コミュニケーションや情報を表す天体・水星の逆行により、行き違いやケアレスミスが生じやすいときです。深呼吸をして、慎重に考えた行動を心がけましょう。再会なども増えるときなので、気になった旧友に連絡をとってみては? 今後へのヒントとなるような情報が得られるはずです。客観的に自分を見つめ、様々な人の価値観に触れながら自分を洗練させるときと心がけて過ごすとよいでしょう。

2014年後半の運勢(1)おひつじ座~おとめ座 はコチラ

●さそり座(10/24~11/21)

全体的には、さそり座でも前半の10月24日~11月8日生まれの方と11月9日~11月22日生まれの方では、運勢に違いが出てきます。前半の方は、忍耐や制限を表す星土星はすでに抜けています。人によっては一昨年秋から6月までの間、白黒つくような出来事や責任を負うような出来事が起こった方もいるでしょう。

11月9日以降の生まれの方は、12月まで上記のような責任やケジメをつけるような出来事が起こりそうです。楽ではありませんが、この時期にしっかり向き合うことが今後の安定につながります。クラシカルなものに触れるといいですよ。

10月27日から10月31日前後の生まれの方は、芸術や感受性の星・海王星の影響により、審美眼や直観力が冴える時期。美しいものに触れたり、今後のヴィジョンを描いたりするにはよいときです。こうありたい自分像をディテール細かく描くことをお勧めします。7、8月は、さそり座の副支配星・火星が鎮座する影響により、情熱的に物事に取り組める時期。精力的な行動やアピールを心がけるとよいでしょう。11月は、太陽・水星・金星の影響により穏和に楽しめそう。オフ会や飲み会などの場でも注目を浴びやすく、交流が楽しめそうです。

●いて座(11/22~12/21)

全体的には、発展拡大の星でもあり、いて座の支配星・木星の調和的な影響により、追い風ムードの運勢です。12月4日~9日前後の生まれの方は、革命・刷新を意味する天王星の影響により、思いがけない変化が生じたりしそう。この時期は、うまく変化の流れに乗るように心がけましょう。転職や引越しなどをするのもよい時期です。「違ったことをしてみたい」という思いが湧き起ったら、素直に従ってみるのもよいでしょう。

11月26日~30日前後の生まれの方は、海王星の影響により、気迷いや思い込みが生じやすい時期。ダラダラと考えばかりが先行しがちなときです。できる限り現実的に期限を設けるなどして行動に移すように努めましょう。10月は、火星がいて座に鎮座します。やる気が出て異性との出逢いも期待できるとき。積極的な行動が功を奏します。12月は、公私共に忙しいながらも、水星・金星・太陽の影響により、充実した交流が図れそうです。

●やぎ座(12/22~1/19)

全体的には、同じやぎ座でも、過渡期の人、順調に進む人と生まれた日時により違いが生じます。12月31日~1月4日前後付近の方は、冥王星の影響により大転換期です。仕事の方向性を大きく変え、変化を起すのには最適なときです。一度やりかけてそのままになってしまったことなどにも再び取り組むにも良い時期です。

1月3日~7日前後の生まれの方は、電撃的な変化やハプニングを示す天王星の影響により、思いがけない変化や、今までのことが色あせてきて、変化を促したい気持ちが強くなります。一部の人は来年にそれらが起こる方も出てきます。今後がどうありたいのかのヴィジョンを強く持ち、ポジティブな変化を促すように心がけましょう。

12月26日から29日前後に生まれた方は、夢やヴィジョンを表す海王星が調和的な影響を与えます。理想を掲げて邁進しましょう。

1月7日~20日生まれの方は、土星の影響により、よい結果が残せる時期です。11月~12月にかけて、ヤル気の星・火星の影響により、加速度を増して仕事の成果が見込めたりするでしょう。金星・水星・太陽が鎮座することもあり、人との交流が深めるのによく、恋愛のアプローチをしかけるのによい時期です。

●みずがめ座(1/20~2/18)

全体的には、前半生まれの1月21日~2月4日生まれの方と、2月5日~19日生まれの人では、運勢に差が出てきます。前者の方は、制限の星・土星の影響は抜けてきて、やや楽に穏和に過ごせるでしょう。後者の方は、仕事でのストレスを溜め込みやすく、無理していたことが身体に出やすいときです。今後を見据えて、今までを振り返り、反するものを省く"反省"することを一つの課題として取り組んでみましょう。2月1日~6日生まれの人は、みずがめ座の支配星・天王星の影響により、応用的に発展・変化が生み出しやすいときです。12月以降、ヤル気行動力を表す火星がみずがめ座に鎮座します。アグレッシブに行動を起こすに最適なときです。

●うお座(2/19~3/20)

全体的には、温和に順調に過ごせる運勢です。2月23日~26日前後の生まれの方は、うお座の支配星である・海王星の影響により、直観力やイマジネーション能力、審美眼が冴えるときです。この時期には是非とも将来の夢やヴィジョンを強く描きましょう。芸術的なセンスも冴え、シックスセンスも鋭くなるときです。あれこれ分析するよりも、直観を重視し行動してみて。

3月7日~29日生まれの人は、集中や安定を表す天体・土星の影響により、仕事も手ごたえある結果が出せたり、安定が図れるときです。

3月1日~4日前後の生まれの方は、冥王星の影響により、底力が発揮できるときでもあります。いつもより背伸びした目標もクリアできそうです。7~9月は、金星・火星の調和的な配置により、行動がスムーズに出せるでしょう。恋愛関係も順調に運びやすいときです。

早矢先生からみなさんへアドバイス

通常の星占い(西洋占星術)は、太陽の他に、月、水星、金星、火星...と太陽系の10天体を用いて占うものです。60億人いれば、1人として同じ星配置の瞬間に生まれた人はいません。60億通りの星配置―1人ひとりの才能、性格、運勢が成り立ってきます。

10天体を用いて占うには、限りがありますが今回はわかる範囲で細密に調べました。参考にしてステキな後半を過ごしてください。

2014年後半の運勢(1)おひつじ座~おとめ座 はコチラ



早矢(はや) 早矢(はや)

占星術研究家/占い師。「インスパイア吉祥寺」主宰。西洋占星術・タロット占いをメインに鑑定・執筆・講演を行う。のべ鑑定人数は1万5000人以上、TV・新聞・雑誌等メディア出演多数。著書に「守護石事典 あなたを守り導く バースデー&ナンバー」(マイナビ)がある。早矢オフィシャルサイト(http://www.haya-web.com/)

占い 運勢

ランキング